カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 私の出産体験談~長男編 無痛分娩~
出産

[41w]私の出産体験談~長男編 無痛分娩~ [妊娠・出産の体験談]

882人に読まれました
2016-01-16 02:15
「あなたの子宮口は、とってもマッチョでね。お産に2~3日はかかるね。。。」

今はもう10歳になる長男がまだお腹にいる時の妊婦健診で先生に言われました。

その産院は、無痛分娩を取り入れていて、上記のこともあり私も無痛分娩を進められました。

正直、無痛分娩なんてあんまり聞いたこともなかったし、考えてもいなかったのですが先生の話を聞き
・麻酔により子宮口が開きやすくなること。
・産後の回復も早く、母乳の量も早く落ち着く。
・麻酔じたいは、赤ちゃんに影響はない。
ということを理解し、無痛分娩にすることを決めました。

無痛分娩といっても、ずっと無痛なわけではないんです。

産院の方針にもよるのでしょうが、そこの産院は、子宮口が7~8センチになったら、麻酔をかけるということでした。

私の場合、予定日が過ぎても陣痛がおきなかったので、予定日から1週間後に誘発し出産することになりました。

当日の朝入院し、バルーンと飲み薬で子宮口を開く処置をしましたが、最初のほうは旦那と笑いながら話すほど、余裕でした。

・・・が!!そうこうしているうちに陣痛が始まりました

陣痛の波がくると、お腹に今まで経験したことのないような痛みが走り、「早く無痛に切り替えて~~~」と心の中で叫んでいました。

規則的に来る張りとお腹・腰の痛みに耐え、やっと子宮口が8センチに!!!

ヨロヨロ歩きながら、助産師さんの指示で分娩台へ。
少しすると、先生がきて分娩台の上で麻酔の注射を腰にしました。

すると、今までの痛みが嘘のようになくなり、若干張りを感じる程度に。

少しすると先生が「じゃ、いきんでみてー」と言うので、言われた通りいきみました。
何回かいきんでも出てくる様子がなく、最終的には助産師さんが私の上にまたがり、お腹を押されての出産となりました。

無痛分娩をすると決めてから、ネットで色々なことを調べて、稀に母体の麻酔の影響で眠ったまま生まれてくる赤ちゃんもいると知りましたが(スリーピングベビーというそうです。)わが子は胎動で感じていた通り元気な産声を上げて生まれてきてくれました。

みんなへメッセージやアドバイス

出産は、多種多様でそれぞれにストーリーがあるんだなと、3人の出産を経験し実感しました。

ママももちろんですが、赤ちゃんは、あんな小さな体で苦しさに耐えて生まれてきてくれます。
赤ちゃんに会えた時のあの感動は、とても言葉には言い表せないほどのものです。

これから出産するみなさん、頑張ってくださいね。
0

妊娠41w前後の体験談

上へもどる