カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 公園遊びの効果〜運動への向上心UP〜
遊び・あやし

[4歳]公園遊びの効果〜運動への向上心UP〜 [育児の体験談]

317人に読まれました
2016-01-25 06:38
4歳の娘は、運動能力は平均的だと思います。
公園のジャングルジムでも、登ったり降りたりすることは年相応にできたし、補助輪付き自転車も乗れます。
自宅の室内ジャングルジムで前回りもマスターしました。
なので、私としては娘の運動について不安を感じたことはありませんでした。
ただ、幼稚園の運動会のかけっこは4人中4番目・・・。
でもちゃんとスタートして、ちゃんと走っていたので「勝ちたいという気持ちが足りないからかな。まだ年少だしね。」くらいにしか思いませんでした。

そんな中、近所の公園に行って驚かされました。
娘と変わらないくらいの背丈の女の子が、逆上がりをヒョイヒョイしていたのです。
歳を聞くと「5歳」とのこと。
一緒に来ていた6歳の女の子と、小学一年生の男の子(6歳の女の子のお兄ちゃん)、二年生の男の子(5歳の女の子のお兄ちゃん)の4人でよく遊んでいるようです。

娘と私はその子供達の横でかけっこの練習をしていたのですが、「俺たちも一緒に遊んで良い?」と声を掛けられました。
いいよ。と返事をして、ハンデ付きでかけっこすることにしました。

スタート位置を3ヶ所に分け、女の子、少し後ろに男の子、さらに後ろに私という配置にして、かけっこ開始。
  • 経験値の差が歴然!

    かけっこして驚いたのですが、みんな速いのです!全身を使って、しっかり走っているのがわかります。
    特に男の子のひとりは、私と同じくらいのスピードで走ります。聞くとクラスで一番速いとのこと。
    テケテケ・・・と走る娘は、完全にビリ。

    ハンデを見直し、娘は一番前に。私のスタート位置は男の子と一緒にしました(男の子が同じスタートにしようと言ったので)。
    何度かかけっこすると、娘も負けるのが悔しくなったようで、勝手にフライングでスタートするように。
    その後は2チームに分かれてリレーもしました。

    私がクタクタになって家に帰ったのですが、翌日は予想通り筋肉痛。
    しかし娘は毎日のように公園に行きたがるようになりました。

みんなへメッセージやアドバイス

それからも頻繁に公園に行くようになった娘。毎回かけっこやリレーで使った外周を走ったりと、走る練習をしています。
例の4人組とも2回会い、一緒に遊ぶようになりました。
鬼ごっこすることが多いのですが、すぐに鬼にされる娘は一生懸命追いかけるのですが・・・全く追いつきません。
手加減なしで相手してくれるお兄ちゃんお姉ちゃんは初めてなので、良い刺激になっているようです。

逆上がりの練習も、自宅の鉄棒で毎日頑張っています。
本人のやる気があるうちに、精一杯付き合って、運動好きな子になってくれたら嬉しいです。
1

妊娠4歳前後の体験談

上へもどる