カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 帝王切開のお金。直接支払い制度や高額療養費制度
お金・各種制度

[41w]帝王切開のお金。直接支払い制度や高額療養費制度 [妊娠・出産の体験談]

1709人に読まれました
2016-04-07 10:30
頭金5万円を引いて支払った金額が60万円程です。
  • 入院日数

    5日の入院で、予定帝王切開手術土曜日の昼の場合の金額です。

    私の病院では、土日に手術をしようが平日に手術をしようが金額は変わらない様です。

    普通分娩同様、深夜の緊急帝王切開の場合は金額が1番高額です。

    1人目出産時は緊急帝王切開だったのですが、帝王切開になったのはお昼だった為入院費は今回と変わりませんでした。
  • 直接支払い制度を利用しないと割引きになる

    私の病院は、直接支払い制度を利用しない場合1万円割引きになります。最初に多くお金が必要になりますが、2ヶ月程で健康保険からお金が戻ってきます。

    デビットカード支払いができたので、お金を引き出す手間も大金を持ち歩く心配も有りませんでした。
  • 高額療養費制度

    1ヶ月にかかった医療費が自己負担限度額を超えた場合は、その超えた額が戻ってきます。

    保険適用外の治療や、入院時の食事療法等、差額ベット代は対象外です。

    超えた場合は、加入の健保から書類などが送られてくる為、自身で申告などは必要ありません。

    1日〜月末計算な為、月末出産の私は月をまたいでの入院だったので、あまり関係無かった様です。
  • 限度額適用認定証

    自身の健保に申請書と、健康保険のコピーを提出するともらえます。

    逆子などで事前に帝王切開になる事が分かっている場合などは、こちらの認定証を医療機関の窓口に提出する事で、自己負担限度額を超えた分を支払わずに済みます。

みんなへメッセージやアドバイス

病院によっては、直接支払い制度を利用できる所とできない所がある様です。
直接支払い制度がない病院の為、一括で出産費を払う事が難しい場合。
自治体によっては無金利で出産費を貸してくれる場合もある為、事前に確認を!
0

妊娠41w前後の体験談

上へもどる