カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 生後6ヶ月ズリバイが始まって買ってよかったベビーサークル
遊び・あやし

[0歳6ヶ月]生後6ヶ月ズリバイが始まって買ってよかったベビーサークル [育児の体験談]

426人に読まれました
2016-01-17 14:25
2016年1月6日

生後6ヶ月と17日で突然ズリバイができるようになりました。
今まではうつ伏せで目の前に欲しいおもちゃがあったときは寝返りを繰り返しながら体をねじっておもちゃを取っていたのでがこの日は腕をうまく使って匍匐前進しました。

足は全然使っていないので腕の力だけですが器用に前へ前へと上手に進みます。
前へ進むのが楽しくしょうがない様子。
匍匐する様子がみたくておもちゃに手が届きそうになるとさらに前方へおもちゃをずらすという届きそうで届かない焦らしをさせてしまいましたが、泣くわけではなくむしろ楽しそうに匍匐してました。

もともと家全体がカーペットなのでこれからハイハイへと以降しても膝は痛くないのかな?と思うのですが基本的な遊び場スペースとして数字とアルファベットが描かれているプレイマットをひいています。

さらに、ズリバイができるようになったちょうどいいタイミングでアマゾンで注文したベビーサークル(海外ではプレイペンと言います)が届きました。

  • 8面あるので広々で、赤(ドアの部分だけ)、黄色、青とカラフルで一面におもちゃが付いています。おもちゃは下段と上段に分かれていて、今は下のおもちゃで遊んでいますが、おすわりやタッチが上手にできるようになったら上のおもちゃでも遊べるようになるので好奇心を刺激できそうだし、今買っても長く(説明書には2歳まで)使えそうなのでお値段はちょっと張りましたがこれは買ってよかったなと思います。

    友人に日本の家だと買ってあげたくてもスペースの問題で買えないから羨ましい、贅沢と言われて少しハッとしました。我が家決して広いわけではないのですが、リビングとダイニングがL字になっているので角にスペースがありそこにちょうど置けるのでラッキーだなと思います。

    ここには基本的には家事などで見ていられないときの安全確保の場にしています。おもちゃをたくさん置いておくと機嫌がいいと一人で寝返りとズリバイを繰り返しながら30分、長いときで1時間ほど遊んでくれるので助かります。私が見ていられるときはベビーサークルから出すと喜んでいろんなところへズリバイしながら探検します。男の子は好奇心を0歳児は刺激するといいということなので自由に遊ばせ、危ないところへ近づいたときだけ抱っこして安全な場所へ移動させています。

    冬の今、外は雪でなかなか散歩に連れていくことができないので
    家の中だけは思う存分遊んでもらいたいなと思います。
0

上へもどる