カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. これもつわり?妊娠中の食欲の変化と便秘と下痢
つわり(悪阻)

[16w]これもつわり?妊娠中の食欲の変化と便秘と下痢 [妊娠・出産の体験談]

641人に読まれました
2016-03-25 17:06
妊娠するとつわりになり、食欲がなくなったり、すっぱいものが食べたくなったり、食べても吐き戻したり、そんな日々が自分にも来るものだと思っていました。しかし、実際に経験してみるとそうでもない事、またこんなこともおこるの?と驚くこともありましたので、書き残しておきたいと思います。
  • これが食べづわり?食欲に変化有り。

    妊娠に気が付いたのは2か月の時。特に気持ちが悪いとか、吐き気がするということはなく、生理がなかなか来ないので気が付いたという感じでした。

    妊娠が確定してからも、いわゆるイメージしていたつわりのような症状はなく、比較的毎日元気に過ごせていました。ただ、食欲は初期の頃から旺盛になり始め、それまでより2割ほど多く食べないと足りないようになりました。

    たとえば、大戸屋に行って、今まではご飯は少なめでちょうど良かったのに、普通盛りでないと足りなくなったという具合です。それでも午前の11時過ぎや、午後の4~5時にはおなかがすいてしまい、多少胸がむかついて気持ち悪いかも?と感じることもありました。

    ですので、職場で隠れてチョコやおかしなどつまんでごまかしていました。これがいわゆる食べづわりというものであったのかなと思います。

    食事の好みも、それまでは野菜や魚などあっさりしたものが好みだったのですが、3~4か月の頃はとにかくお肉や濃い味のものが食べたくなりました。職場の先輩に聞くと、男の子なんじゃない?といわれ、実際に産まれたのも男の子でしたので、多少関係していたのかな?と思います。
  • 食べづわりよりもつらい!便秘と下痢の繰り返し・・・

    元々妊娠前から便秘気味であった上に、貧血がみつかったため鉄剤を服用していたせいか、便秘はそれまでよりも多少気になりました。

    しかし、それよりも辛かったのが、月に1~2度、不定期に突然やってくる下痢症状でした。それまで、下痢はほとんど経験してこなかったのですが、この時は特に生ものや古いものを食べたわけでもなく、夜中に突然襲ってきて、お腹の中のものをすべて出し切るまで1時間以上唸っていました。これは初期から8か月頃まで続き、いつくるかわからないのもあり本当に辛かったです。

みんなへメッセージやアドバイス

以上の二点が、目立って経験したつわりらしい症状でした。他にも、炭酸水が無性に飲みたくなったり、落ち込みやすく、涙もろくなったり、7カ月を過ぎると、食後は必ずみぞおちの辺りが痛んだりしました。妊娠中のつわりの症状は、本当にお母さん一人ひとりによって違うと思うので、無理をしすぎず、安静をとりながら元気な赤ちゃんを迎えてください。
1

妊娠16w前後の体験談

上へもどる