カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. コーヒー、お茶、お酒…妊娠中・授乳中に気を付けた飲み物
妊娠中の生活

[9w]コーヒー、お茶、お酒…妊娠中・授乳中に気を付けた飲み物 [妊娠・出産の体験談]

10970人に読まれました
2016-06-16 14:31
妊娠前は、アルコールもコーヒーも大好きでした。特にお酒に関しては、狂ったように好きで、恥ずかしいことに記憶をなくすまで飲むこともしばしば。そうでなくても缶ビール1~2本は毎日のように飲んでいました。そのほかにも、コーヒーや紅茶、緑茶やコーラなども1日に2~3杯は飲んでいたと思います

しかし、妊娠が発覚して、私同様に無類の酒好きである実母にも相談したところ、「一生続くわけじゃないんだから、大丈夫だよ。しかも今はアルコールフリー、カフェインフリーの飲み物が昔より多いしね。まあ、どうしてもの時は少しくらいいいんじゃない?」とのお言葉をいただき、多少未練はありましたが(特にお酒)きっちりすっぱりと切り替えることに決めました!
  • お酒はアルコールフリーの商品や無糖炭酸水へ変更!

    現在、お酒売り場の中にはアルコールフリーの一角が意外と大きく出ています。間違いなく、隅から隅まで試してみたと思いますので、いくつか紹介します。

    ①オールフリー
    ◎一番クセがなく、すっきりして飲みやすい。期間限定の様々なフレーバーがある。カロリーもゼロでうれしい。
    ×ビールらしさはあまりない。炭酸ののど越しを楽しむ感じ。

    ②キリンフリー
    ◎味は一番ビールらしい気がして満足できる。
    ×カロリーあり。

    ③ドライゼロ
    ◎まさにスーパードライな感じのドライさ。スーパードライ派には絶対だと思います。
    ×スーパードライが苦手な方は、あまりおすすめしません。

    有名どころだと、このような感じでしょうか?ちなみに後々出てきた特保系のビール風味飲料は、正直どれも似たような感じがしました。

    また、これら以外ですと、コンビニやスーパーでお酒の割材用に売っている、無糖の炭酸水(70~80円くらい)を良く飲みました。安いですし、レモンなどのフレーバーもあり意外と飽きません。
  • コーヒー、紅茶類は量を決めて。デカフェも愛用!

    コーヒーや紅茶は、1日にコーヒー1杯+紅茶やその他お茶1杯までと、自分ルールを決めて飲んでいました。
    コーヒーも、できるところでは薄めにしてもらったり、デカフェを選んだり。スタバはデカフェでコーヒーかカフェミスとが常時飲めるのでいいですね。また、スタバの新規スタイルである、インスパイア―ドバイスターバックスでは、エスプレッソ系のドリンクもデカフェの豆でオーダーすることができます。
    そのほかに、お茶類はルイボスティーや麦茶、十六茶、爽健美茶などとにかくカフェインフリーのものに切り替えました。温かくして飲むのもいいですね。

みんなへメッセージやアドバイス

妊娠・授乳期は食事や飲み物も気を使うことが多く、お母さんたちは好きなものを好きなように摂れなくてストレスを抱えてしまうこともあると思います。そうやってストレスを逆に溜めすぎてしまうというのも、本末転倒な話ですので、上手に市販品を活用しつつ、たまには好きなものをとって自分にご褒美をあげてくださいね。
1

妊娠9w前後の体験談

上へもどる