カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. バナナの大切さ
離乳食

[1歳0ヶ月]バナナの大切さ [育児の体験談]

716人に読まれました
2016-01-20 22:15
離乳食が始まった時に、バナナはご飯のかわりになるということを学びました。初期にはすりつぶしてあげていました。中期には、すこしつぶして、ヨーグルトにまぜたりしてあげやした。とにかくバナナが大好きでした。

後期に入ったある日、バナナをこれから切ろうと思って皮をむいた状態で机の上に置いておくと、いつのまにかバクバクと食べてしまっていました。

外出する時には出来れば、バナナは持っていくようにしています。そうすると、ぐずったりしたり、ご飯が足りなかったとしても、助かるからです。周りのお友達でも、バナナを持ち歩いてる子が結構います。

バナナは大人が食べても健康によく、便秘にもいいとされているので、安心してあげられます。一つ問題といえば、カロリーが結構高いことです。我が子はかなり大きく育っているので、カロリーは気にしています。

食べ物で今までで、ここまで好きで食べるものはないのでとても助かります。離乳食の、講座などでも好きな食べ物は必ずストックしておくと良いと言われたので、家にはバナナは、必ずある状態にしています。困るのは、お友達が食べていると欲しくなることです。自分が食べ終わった後でも欲しくなるので、そこでぐずるので、大変です。

でも、こうやって好きな食べ物があるということは良いことなので、しっかりと記憶しておいて、風邪の時など食欲がないときでも食べられるようにしてあげたいです。

バナナを試してない人がいたらとにかく、進めてあげたい食材です。

みんなへメッセージやアドバイス

離乳食にとって、バナナは、神です。
1

上へもどる