カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 離乳食の話〜娘編②〜
離乳食

[0歳4ヶ月]離乳食の話〜娘編②〜 [育児の体験談]

165人に読まれました
2016-01-19 18:27
離乳食開始を心待ちにしていた娘。
結局、息子の時よりも時期を早めて4ヶ月半から開始しました。
もちろん最初は10倍粥をスプーン1匙!!なのですが、さすが息子の妹です。
1匙をこぼすことなくキレイに完食し、もっとくれくれ攻撃開始!からの、無いと分ると思いっきりギャン泣き・・・息子も同じでしたから私はこの状況に慣れっこです。
それでも2日間は1回食で1匙で頑張りましたが、体調面もすこぶる良かったので3日目からは2~3匙は食べていました。
野菜を始めるまでの1週間の間にお粥をたくさん食べるようになっていました・・・
幸いにもアレルギー反応も無く健康な2人目という事もあり、かなり適当!!
野菜も定番の人参のすりおろしから始めて、我が家の定番ブリッコリー、イモ、カボチャなど色んなものを食べ、さらに翌週には魚まで順調に進みました。
ある一つの事を除いては・・・

それはペースト状の離乳食を食べなくなっていったのです!
娘は最初こそ形が全く残ってないペースト状の離乳食を食べていたものの、進むにつれてペースト状の離乳食を食べなくなっていきました。歯こそ生えていないもののモグモグはとても上手で食べごたえが無くなったのでしょうか・・・少しずつ形のある物を欲しがるようになり、魚に挑戦するかしないかの頃には8部粥に進化していました。
それでも、体調を崩すことなく、娘は便秘をすることも無かったです。
息子が小さな頃は便秘になりやすかったので少し心配でしたが娘にはそんな心配はいらなかったようです。

この一連のお粥→野菜→魚の工程をクリアした後、娘はさらに進化しました。
1

上へもどる