カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 離乳食後期、固さの進め方
離乳食

[0歳9ヶ月]離乳食後期、固さの進め方 [育児の体験談]

2869人に読まれました
2016-08-29 14:41
離乳食も後期に入り、はじめポタージュ状からはじめた食事も、だんだんと形が残ったものを与える時期になってきました。

しかし、ウチの子はあんまり食べが良くなく、頻繁にお腹を壊すので、なかなか積極的に離乳食を進められずにいます(^_^;)

でも9ヶ月といったら手づかみ食べができるようになる時期なので、何かしら挑戦させたい!と思い、先日初めてスティック食パンを与えてみました。
  • 意外に食べる!手掴みの離乳食

    まだ無理かなぁ〜と思いながら与えたスティック食パンでしたが、意外にモシャモシャと掴んで食べ始めました(*_*)
    なんでだろう?と思いましたが、どうやら理由は、ボーロなどのお菓子をてづかみさせて食べさせていたからのようでした。

    私がスプーンであげる離乳食は、食べがいいときもありましたが、たいてい途中で動きたくなってイスから抜け出して逃げていたんです(^_^;)
    でもお菓子を与えた時は、自分の手で握って口に入れる行為が楽しいのか一生懸命食べていました(^^)
    その延長で、食パンを楽しそうに食べたようです。
  • 手づかみ離乳食を積極的に作る

    今は、手づかみできそうなレシピを色々考えて取り入れています。
    お好み焼きや、ジャガイモで作ったいももちなどなど…

    クックパッドなどみると、たくさんの手づかみレシピが出てくるので、まずは食べることに慣れてもらう意味でも、積極的に手づかみ離乳食を取り入れたいと思っています。

みんなへメッセージやアドバイス

あんまりあげるのも良くないよなぁと思いつつ与えたお菓子でしたが、それが食事の進みに影響するとは思いませんでした(*^_^*)
まず食べることを楽しむという意味でも、お菓子の意味は大きいんだなぁと感じました☆
1

上へもどる