カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おでかけ >
  4. 初めての飛行機
おでかけ

[1歳2ヶ月]初めての飛行機 [育児の体験談]

292人に読まれました
2016-01-20 12:59
息子が1歳2カ月の時に、島根県に住む私の祖母の家に遊びに行くために初めて飛行機に乗せました。
羽田〜出雲の1時間半ほどの空の旅ですが、良い子にしていられるか心配で、何日も前からドキドキでした。
  • 事前準備

    まずは飛行機の手配です。
    時間は寝てくれることを期待して、お昼すぎの便にしました。
    座席は、何かあった時に席を外しやすい通路側にしました。

    荷物はパパと一緒の旅行でしたが、なるべく少なくしたかったので、オムツなどのかさばる物は祖母の家にあらかじめ用意しておきました。
    夏で着替えも少な目に出来たので、3泊4日でしたが家族3人分の荷物がスーツケースひとつで収まりました。
    機内に持ち込むバッグには、音のならないオモチャと、おやつ、ガーゼのブランケット、オムツ2〜3枚、おしりふき等を入れました。
    ブランケットは機内で授乳する時の目隠しにも使います。

    ベビーカーは持って行かず、抱っこひもで行きました。

    空港までの移動手段は、バスや電車もありますが、色々と融通の利く車にしました。
    空港の近くのパーキングに事前に予約を入れておいて預けました。

  • いよいよ当日!

    初めての子連れ旅行だし、何があるかわからないので、すこし余裕を持って空港に着くように出発しました。

    最初に大きな荷物を預けてしまって、レストランで食事をしました。
    息子はお腹いっぱいになったら寝るかなぁ〜と思っていましたが、初めての空港にテンションが上がってしまってご機嫌でした。
    結局、飛行機に乗ってもしばらく起きてきました。

    保安検査を終えて搭乗口に向かう途中には、子どもの遊び場がありました。
    息子はまだ小さかったので遊びませんでしたが、次回は利用したいです。

    飛行機に乗る直前にオムツを替えて、抱っこひもで抱っこして乗りました。
    ウチの子は抱っこひもで抱っこすると寝てしまう事が多いのですが、飛行機の中で落ち着かないのか、寝る気配がありませんでした。
    キョロキョロして落ち着きはありませんでしたが、静かにしていてくれたので一安心しました。

    離陸の時に赤ちゃんはうまく耳抜きが出来ないそうなので授乳をしました。
    抱っこひもをつけたままブランケットで隠せば、周りに見えなくて安心です。

    授乳したらそのまま寝てくれて、祖母の家に着くまで起きませんでした(^^)

みんなへメッセージやアドバイス

いろいろ不安だった飛行機ですが、無事乗れて本当に良かったです。
1

上へもどる