カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 産婦人科・産院 >
  4. 公立病院での出産は大変でした(眠れない産後入院編)
産婦人科・産院

[40w]公立病院での出産は大変でした(眠れない産後入院編) [妊娠・出産の体験談]

1081人に読まれました
2016-01-20 16:25
実家近くの市立病院で初めての出産。かなり大変な思いをしたので、これから産院・病院を選ぶ方に少しでも参考になればと思います。なお出産までの流れは【出産編】に書きました。
この病院では、問題がなければ出産翌日から四日間で退院となります。
  • 出産後初めての夜

    午後四時半ごろ生まれた赤ちゃんと入院する病室に入ったのは午後七時ごろでした。
    この病院では基本的に四人部屋で母児同室です。その夜はほかに一組のお母さんと赤ちゃんがいました。
    初めての夜は沿い乳の指導を受けました。赤ちゃんは問題なく乳首を吸ってくれますが、出産後の私がぐったりしてうまく赤ちゃんを支えてられないこともあり、午前一時ごろ助産師さんと相談して赤ちゃんを新生児室で預かってもらうことにしました。まずはゆっくに寝るようにと言われましたが、同室の赤ちゃんが一晩ずっとぐずり続けていてほとんど眠れませんでした。
  • ナースコールを押すのが怖い……

    おむつの替え方や授乳のやり方など一通りの説明は受けたものの、初めてのことで右も左もわかりません。特に私は親戚内でも最初の出産で、赤ちゃんに触ること自体が初めてでした。便の色に(最初は羊水が混ざるため)驚いてはナースコールを押し、泣いている赤ちゃんの顔が赤くなっているのが不安でナースコールを押し。
    助産師さんも忙しかったのでしょう、「顔が赤いって…」と呆れたような声色でため息をつかれてしまいました。それ以降、助産師さんに頼ってはいけない気がして、ナースコールを押すのも怖くなりました。
  • 十分おきに授乳

    泣いたらオムツを変えて授乳、と教わったのでその通りにしていましたが、うちの子は乳首を吸いはじめると五分ほどで寝てしまうのですぐにおなかが減ってまた泣くことの繰り返し。ひどいときは三十分授乳して十分後にまた泣き始めて、ずっと授乳しているような状態に。乳首には血豆ができるし、食事が運ばれてきてもまともに食べる時間がありません(が、食べないと母乳も出ないと思い、片手で授乳しながら片手で食べていました)。
  • お風呂にも入れない……!?

    入院二日目(出産の翌々日)から入浴できるようになり時間の予約をしていましたが、もちろんその時間にうまく赤ちゃんが寝てくれるはずもありません。ずっと泣き続け授乳しっぱなしの状態ではとてもお風呂には向かえず、予約の時間もすぎてあきらめていたところ、助産師さんが「お風呂は?」と様子を見に来てくれました。赤ちゃんがぐずって入れないと言うと、新生児室に預けていいとのこと。それを先に説明してほしかった!翌日からは入浴の間泣いていようが赤ちゃんを預けることに。
  • ストレスと疲労で母乳が出ない

    ひっきりなしに授乳していますが、赤ちゃんはすぐに飲むのをやめて寝てしまいます。そしてすぐおなかがすいて泣き始めることの繰り返し。夜中もずっとで、三十分以上続けて眠れることがありませんでした(その三十分も、同室の他の赤ちゃんの泣き声で起きることになります)。
    毎日赤ちゃんの体重測定があるのですが、体重がどんどん減っていたので、助産師さんのすすめで授乳前後の赤ちゃんの体重を計ってどれくらい飲んでいるのか計算してみるとほとんど母乳が出てないことがわかりました。今思えば、出産してからろくに寝ていない生活で母乳が出るはずありませんがそのころは本当にショックでした。
  • 泣きやまない赤ちゃんに泣きたいのは私だと……

    退院前日に母親のメンタルチェックのチェックシートを病院に提出しました。そのなかに、この一週間楽しいことはありましたか?という質問があり、思い返しても陣痛が始まってからその日まで不安と疲労しかなく、楽しいことはなかったと回答していました。すると後から助産師さんがやってチェックシートの内容を聞かれました。とくにこの質問について、「赤ちゃんが生まれたことは?(生まれたのに楽しくないの?)」と問われ、それが責められているように感じてさらにストレスを感じました。その場はなんとなく濁しておきましたが、助産師さんがいなくなってから、やはり泣きやまないわが子に、泣きたいのは私だと、ついに泣いてしまいました。
  • ようやく退院

    母児共に経過は順調で(赤ちゃんの体重は粉ミルクもあわせて飲ませることで安定してきました)、予定通り出産後四日で退院の日を迎えました。
    入院中、たとえ話ではなく本当に三十分以上眠れたことはなく、三日目に祝い膳としてごちそうが出たのですがそれも授乳しながらかきこむように食べ、疲労困憊の状態で退院しました。
    実家にたどり着いて、見かねた母に赤ちゃんを預けて倒れるように自分のベッドで寝たのですが、その休息のおかげで今度は急激に母乳が作られてひと騒動ありましたが、それはまた別の項目で書きます。

みんなへメッセージやアドバイス

ここに書くために思い出していてまた泣きそうになるほどつらかったし、もう二度としたくない入院生活でした。
私が初産だったので慣れないこともあったのも事実で、今なら同じ環境でももう少し自分を守るために動けたと思うのですが、初めてでそこまでできるわけがありません。
すべての公立病院がこうだとは思いませんが、やはりベッドの数が多く、ひとりの助産師さんが担当する人数も多いのでみなさん忙しそうなのは公立病院ではどこも同じかもしれません。

これから出産で病院・産院を選ぶときは、病室は個室のほうがいいと思います。最近は母児同室が一般的のようですが、少なくとも食事の間は預かってくれるとか、とにかく母親が休める環境の整ったところを選んだほうがいいと痛感しました。
1

妊娠40w前後の体験談

上へもどる