カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. 一か月検診の直後に乳幼児湿疹
病気と症状

[0歳1ヶ月]一か月検診の直後に乳幼児湿疹 [育児の体験談]

478人に読まれました
2016-01-20 17:40

産後は自宅から車で1時間弱の実家に帰省し、一か月検診の後そのまま自宅へ帰宅しました。
一か月検診ではオムツかぶれが気になっていたので、オムツかぶれの薬は処方してもらっていたのですが・・・。
その後すぐ乳児湿疹に悩まされることになりました。
  • それまでのスキンケア


    生後10日頃からスキンケアとして、ピジョンのベビーローションで体と顔を薄く塗って保湿。
    たまに頬にぷつっと1つニキビが出来ることがあったので、ニキビが出た時は顔にはローションを塗らないようにしていました。
    思えばこれが乾燥に繋がってしまったのかもしれません。

  • あっという間に増加


    帰宅して3日目からニキビの数がぽつりぽつりと増えていきました。
    初めは左頬、そして眉間に細かくブツブツが。
    次第に右頬、眉毛の中、こめかみ、耳・・・とどんどん広がっていきます。
    赤ちゃんに湿疹はつきものだと分かっていても、赤くどんどん広がっていくのがかわいそうでした。
  • 小児科を受診

    この頃は年末。もし病院がお正月休みの間にもっと酷い状態になったら・・・と不安になり、慌てて小児科に行ってきました。
    すると不思議なことに、家にいる時はひどく赤く思えたのに、病院に行ってみるとそんなに酷くないような・・・。
    こんな軽い症状で病院を受診するなんて、先生や看護師さんに呆れられたらどうしよう、帰ろうかな・・・と待ち時間の間ずっと悩んでしまいました。
    でも先生や看護師さんたちは優しくて、不安になるの分かるよ、と言ってくれたのでほっとした気持ちになりました。
  • 保湿が大事!


    そしてロコイド軟膏とヒルドイドクリームを処方してもらいました。
    うちの子の場合は乾燥性の湿疹なので1日に3~4回ヒルドイドクリームで保湿をして、ひどく赤くなるような所にはロコイド軟膏を塗るように、とのことでした。

    ひとまず効果がありひどく悪化することはなかったのですが、この後は良くなってはまた悪くなる、と繰り返すことになります。

みんなへメッセージやアドバイス


その後の経過はまた書いていきたいと思います。
2

上へもどる