カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 母乳育児の難点・乳首トラブル
授乳

[0歳1ヶ月]母乳育児の難点・乳首トラブル [育児の体験談]

5352人に読まれました
2016-11-08 10:55
産まれる前までは、完全母乳でもミルクと混合でもどちらでもいいや~と考えていました。
でもなんとか母乳の出も軌道に乗り、調乳の面倒もないので完全母乳で育児をしています。
  • 母乳の出が悪くて

    私は生後10日頃から母乳がしっかり出るようになりました。
    それまでは母乳の出が良くなかったので、赤ちゃんが「もっとくれー」とばかりに強く吸っていたような感じでした。
    そのため、乳首がヒリヒリと痛んで辛かったです。

    それでも赤ちゃんが満足できるくらい出るようになってからは、強く吸われ過ぎることがなくなったので痛みも消えていきました。
  • 産後1か月半

    この頃、なんだか右の乳首が痛いなぁと思ってはいたんですが・・・
    あるとき右の乳首を赤ちゃんに吸わせると、激痛が!!
    まるでペンチで捻られているような痛みでした。
    よ~く観察してみると、乳頭が切れて薄皮が剥けていたんです。
    ほんの小さな傷なのに、こんなに痛いなんて・・・と驚きました。
  • 対策

    まずは、左だけ授乳することに。
    でも当然左だけではお腹いっぱいにならず、すぐ起きて泣いてしまうので、私も泣く泣く右も授乳。
    もう本当に、一瞬息が止まるくらい痛い!
    左だけ授乳して、あとはミルクにしようかと思い、ミルク用品を一色セットしておきました。
    でも夜中の授乳では、眠くてミルクを作る気力がなく・・・痛みより眠気が勝ったんですね(笑)
    せめて少し位置がずれればいいなと、いつもの横抱きの授乳ではなく、たて抱き、フットボール抱き、と変えていきました。
    以外にもこれが良くて、数日我慢したら傷も良くなりました。

みんなへメッセージやアドバイス

助産師さんに「赤ちゃんの吸う力はとても強いので、乳首が切れることもあります。強い乳首を作る必要があるんです!」と言われていたのがよく分かりました・・・。
1

上へもどる