カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 退院後急に胸が張りだした!あわや乳腺炎
授乳

[0歳1ヶ月]退院後急に胸が張りだした!あわや乳腺炎 [育児の体験談]

2285人に読まれました
2016-01-21 11:23
産後の経過は順調で四日で退院できましたが、入院中はほとんど張らなかった胸が家で寝たとたん張り始め、危うく乳腺炎になるところを土日夜間も対応してくれる助産院で助けてもらいました。
  • 疲労困憊の入院生活

    詳しくは産科カテゴリの体験談で書きましたが、産後の入院はとにかく眠れず休めず、退院するころには疲労困憊でした。当然母乳が出るはずもなく、入院中赤ちゃんが一度に吸ってくれる量は多くても15グラムほど。病院の助産師さんには赤ちゃんがずっと吸ってくれていればそのうち出るようになると言ってくれましたが、胸が張る感覚も無く乳首には血豆ができて痛いだけで、この先大丈夫なのかと不安なまま退院しました。
    里帰りでしたので実家に到着すると、疲れ果てた私の様子を見かねた母に赤ちゃんを預け、倒れるように自分のベッドで寝ました。
    二時間ほど寝ることができ、赤ちゃんが泣き始めて起きると、胸が痛いような感覚が。このときはまだなんとなく痛いくらいのもので、あまり気にせず授乳しました。
  • 家に着いたとたん胸が張り始めた

    実家に帰ったのが昼過ぎでしたが、夕方ごろには胸がぱんぱんになってきました。母に相談すると母乳ができはじめてるからいいことだと言われ、それまでほとんど出なかったので一安心です。ところが赤ちゃんは乳首を吸ってはくれるものの、入院中と同じくしばらくすると寝てしまいあまり量は飲んでいない様子。一方胸はどんどん張ってきて、夜に入浴するときには見たことないほどおっぱいが大きくなっていました(元が貧乳なので驚きよりもむしろ恐怖を感じるほどでした)。そして何より胸全体が痛くてたまりません。絞ると出ることは出るのですが、激痛でどうしていいかわからなくなりました。
  • 夜中に大慌てで助産院へ

    どうやら乳管が十分に開いていなくて、母乳は作られているのに赤ちゃんが吸ってもあまり出てこない(赤ちゃんは吸うのに疲れてすぐに寝てしまう)のだという状態なのだとわかってきました。
    ところがそのときはすでに夜9時。さらに金曜日です。退院してきた病院はもちろん閉まっています。それでも救急に駆け込むべきかと思いましたが、入院生活があまりにひどくてあそこには戻りたくないという気持ちもありました。
    そこで、乳房のマッサージをしてくれる助産院をネットで調べると、幸い車で十五分ほどのところにあり、しかも夜間でも問い合わせてくださいとホームページに書いてあります。藁にも縋る思いで電話をし、事情を話すと、今から来てくださいとのこと。赤ちゃんを母に預け、父の運転で助産院に駆け込みました。
  • 激痛のマッサージ、それでも事態は快方へ

    助産院に着くころにはすでに夜10時をまわっていましたが、助産師さんはあたたかく迎えてくれました。個人のご自宅の一部で開業されている小さな助産院で、助産師さんも電話応対をしてくれたその方ひとりだけの様子。不安もありましたがそれより胸が緊急事態です。
    やはり乳管が開いていないことが原因で、マッサージを受けることになりましたが、これがものすごく痛かったです。少しでも痛みをまぎらわせられるように助産師さんはマッサージしながらずっと私に話しかけてくれて、入院生活が大変だったことや他の世間話など、たくさん話をしてるうちに一時間のマッサージが終わりました。乳房がかなりかたくなっていたのでしばらく通うようにとの指示で翌日と翌々日(土曜日、日曜日)とさらに翌週の週末も通ってマッサージを受けると、最終日には母乳がぴゅーっと出るように。
    料金は初回が時間外の割増料金もあり7000円、二回目からは一回5000円でした。
    その金額が高いのか安いのかよくわかりませんがうちから通える場所にある助産院はそこだけでしたし、何より夜間・土日も受付してくれたので本当に助かりました。

みんなへメッセージやアドバイス

母乳を出すためのマッサージは妊娠中からしていたつもりで、実際少しは母乳が出ていたのですが、結果としては自分でしていたマッサージでは足りなかったのかもしれません。
また入院中にこうなっていれば、入院していた病院で処置を受けることが出来たのかもしれませんが、私の場合入院中はストレスと疲労で胸が張らなかったので家に帰ったとたんこんなことになってしまいました。

出産する病院でいつでもケアを受けられる体制が整っているなら問題ないでしょうが、そうでない場合は万一のときのために近所に助産院があるかどうか事前に確かめておくのもおすすめです。
1

上へもどる