カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 病気と症状 >
  4. はじめての入院
病気と症状

[0歳2ヶ月]はじめての入院 [育児の体験談]

187人に読まれました
2016-01-24 00:09
3人目を出産して2ヶ月、少しずつ表情もついて、かわいくなってきたころのことでした。

保育園に通っているお兄ちゃんが風邪を引いたようで、咳をしていました。
軽い風邪のようで熱も出ず、1週間ほど軽い咳と鼻水がでていました。

そのうちに、3人目も咳をするようになってきました。
鼻水もでてきて、
「あーあ、やっぱりうつったか」
と軽く考えていました。

2人目も、生後すぐにお兄ちゃんから風邪をもらったことがあり、
あまり特別なこととは感じていませんでした。

咳が出始めてから3日ほどたったあたりでしょうか。
「なんか胸がゼーゼーいってない?」

抱っこした際に気になりました。
旦那も、同じように感じたらしく、病院へ行くことにしました。

かかりつけのお医者さんは
「点滴しとこう、念のため、夕方もう一回きて」
と。
診断は、RSウイルスでした。

夕方に再度受診すると、
「紹介状書いたし、入院施設のある大きな病院、行っておいで。たぶんこの感じだと大丈夫だけど」
だそう。

結果、次の日の朝に病院へ受診し、酸素の数値が少し低いとのことで、
あれよあれよという間にそのまま入院。

2人部屋で、同じRSウイルスのお子様と同室。

急遽、実家から母親にきてもらい、上の2人を見てもらいながらの子連れ入院となりました。
4泊5日、特になにもなかったので、寝ているだけの毎日でした。

無事に退院できてよかったですが、これがもし上の子だったらと思うと、
大人しく5日入院させておくのは至難の業であっただろうとぞっとしました。

みんなへメッセージやアドバイス

少しの症状でも、素人判断はだめなのだと痛感しました。
入院は大変ですが、いつでも医療関係者がみてくださるという点で、とても安心できました。
早めの受診が大事ですね。
1

上へもどる