カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 幼児食 >
  4. 1歳の食事*困ったらお味噌汁!
幼児食

[1歳0ヶ月]1歳の食事*困ったらお味噌汁! [育児の体験談]

1468人に読まれました
2016-08-26 15:58
1歳9ヶ月の息子を育てています。
わりと張り切って5ヶ月の終わりに開始した離乳食も全くもって興味をもってくれず、その後も食べさせることに関しては苦難の連続でした。

もう諦めて、離乳食を放棄した期間もありました。
とにかくありがたいくらいのおっぱい星人で、この子は一生食事をとらないのではと思ったのですが、1歳を過ぎ、歩きだした頃から食事にも目覚めてくれました。

ただ単にもう母乳だけのエネルギーじゃ足りない!という感じだったのかもしれません。。。
あと基本的にドロドロした感じのものがお好みではなく、しっかりゆでた野菜やおにぎりなどが好きなので、この月齢でやっと追いつけたのかもしれません。

今ではスプーンにご飯を大量に盛ってモリモリたべるほどになりました。
  • 母のレシピにストックがない。そんな時に。。。

    たくさん食べてくれるのは非常にありがたいのですが、なにぶん離乳食時代を諦めて過ごしており
    相談先でも「食べるもので好きなものから」みたいなすすめだったので、米とかパンとか芋とかバナナとか調理のあまり必要ないものを与えがちだったので。

    ないんです。確固たるレシピなどが。ストックが。


    ネットなどをみると恐ろしいほどのすばらしい離乳食の数々。
    こうして経験を積んだお母さんたちはこれからも美味しいものを作れるんだろうなぁとちょっと自暴自棄になりかけていました。

    しかし、せっかくの食欲のタイミング。
    なにか手軽に色々と食べさせられるものはないかと悩んでおりました。

    そんな時に料理上手な友人からのアドバイスでお味噌汁を勧められました。
    具材のバリエーションもある意味無限だし、大人分からの取り分けや薄めることも簡単。

    そうか、その手があったか!と早速実践開始。
    野菜などは細かくしすぎると煮崩れちゃうこともあるので、大人サイズにして子供分だけはしでカット。
    最初は手軽なニンジンやじゃがいも、豆腐などからチャレンジ。
    そうしたら、食べる食べる。どんどん食べる。
    特に豆腐はお気に召したようで、今現在も好物の一つです。


    その後も、余り野菜やら何やらを入れて毎日のように夕飯時はお味噌汁を飲んでいます。
    塩分だけ気をつけたいので薄く作り、大人分は後でお味噌を足しています。

    単体で出すと食べない野菜もあるのですが、お味噌汁に投入するといつしか食べてしまってることもあってなかなか助かっています。
    子供分だけ全て別で作るのは手間もかかるので、こうして大人の食事にもつながるものができるのも効率が良くて助かっています。

みんなへメッセージやアドバイス

なんだか特殊なものを作らなくてはいけないのかと考えてしまう子供の食事ですが、ヒントはとても身近で素朴な部分にあるのだなと実感しました。
1

上へもどる