カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 交通機関での肩身の狭さ
ママの悩み

[1歳6ヶ月]交通機関での肩身の狭さ [育児の体験談]

105人に読まれました
2016-01-24 21:56
ベビーカー問題。人が多い時間帯を避けたいけどどうしても避けられない時ってありますよね。で、乗るわけですがとても迷惑そうな顔をされますよね(^_^;)少しくらいよけてくれてもいいじゃない…って思うのはエゴなんでしょうかね?ちがうはずなんですけどね。
  • 抱っこひもで乗った場合

    両脇に大量の荷物を抱えるか大きいリュックを背負うことになります。これって本当に重くて肩腕腰が崩壊レベルですよね(^_^;)それでいて子供が泣き出そうものなら鬼の形相でにらんでくる人もいたりして。正直とても億劫で怖かったです。それでもベビーカーで極力乗らないように一歳半頃までだっこひもで頑張っていました。
    でもどの車両も満員御礼な電車に乗らざるを得ない時、つぶされそうになって怖かったです。目の前でしんどそうにしてても座ってる人と目があっても譲ってくれる人なんてほとんどいませんし。心が折れそうになったことも沢山ありました。急行で泣きだして次の駅に停まるまで生きた心地がしなかったりもしました。途中下車してもまた次に乗らないといけない電車が満員だったりして…子連れ専用車両が欲しくなりました!
  • ベビーカーで乗った場合

    なるべく一番空いてる車両を選ぶのですがそうなると一番前か一番後ろになるんですよね。で、だいたい車椅子とかベビーカー用のコーナーがあるんですけどそこにすでにすがっていてスマホに夢中、オマケにヘッドフォンしている人がいたりなんかするともうアウト(@_@;)何のためのコーナーなんだと大声で問いたくなった瞬間でした。
  • 中には良い人もいる

    同じ子連れの方や、ご年配の優しそうな女性の近くは比較的安らげます。以前飛行機で移動した際息子がギャン泣きし逃げたくなりましたが付近の席にご年配の女性が多くて慰めてくれました。「誰も悪くないのよね。そんなにあやまらなくてもいいのよ。赤ちゃんは泣くのが仕事だから」と言われて神様かと思いました。

みんなへメッセージやアドバイス

こんなにも車以外での移動に苦労するとは思いもよらなかったです。子連れに優しい世の中になることを願ってやみません。
0

上へもどる