カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. みんなのインタビュー >
  4. つわりの乗り越え方 >
  5. 私流、つわりの乗り越え方
つわりの乗り越え方

[8w]私流、つわりの乗り越え方 [妊娠・出産の体験談]

1143人に読まれました
2016-01-24 22:17
妊娠5週目からなんとなく始まったつわり。
6週に入ると徐々に本格的に胃の不快感が強まり、
食べても食べなくても吐くという症状が出てきました。

私の場合、固形物を食べると吐いていたので、
ウィダーインゼリーなどの飲むゼリーをゆっくり飲んでいました。
仕事中(パソコン仕事)でも片手に持ちながら飲めたのが良かったです。
あまりにも空腹感があるときは、ビスケットをしっかり噛んで食べていました。
お米を受け付けなくなってしまったので、
お昼はパンを買って、一気に食べるのではなく、
小分けにしてゆっくり噛んで食べるようにしていました。

夕方お腹が空いてくるとまた吐いていたので、
常にデスクには食べられるものを置いておき、
食べられるものを探して対応していました。

夜はスープだけ、梅干しだけ、など、
栄養バランスは考えずに、とにかく食べられるものを摂っていました。
じゃがいもだけは食べられたので、サラダにしたり、蒸したり、
色んな食べ方で飽きないように工夫していました。

あまりにも吐き気がひどい時は鍼灸院で治療をしてもらいました。
もともと妊活中に通っていた医院だったので、安心でした。
ツボを教えてもらい、腕にあるツボに自宅でお灸をしたり、
仕事中はその部分を圧迫することで随分と楽になりました。
体質に合えば、鍼灸院に行ってみるのも良いかと思います。

つわりは吐くだけでなく、睡魔もあります。
休日は無理せず寝たいだけ寝るようにし、
平日も仕事は早めに切り上げ、辛いときは横になっていました。
夫の理解もあり、食事の準備ができないときは自分で買ってきてもらっていました。

みんなへメッセージやアドバイス

つわりは個人差があるので、これ!と言った対策はないのかもしれませんが、
少しでも軽くなる方法を見つけて乗り切って欲しいです。
2

妊娠8w前後の体験談

上へもどる