カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ホームケア >
  4. 生後半年、鼻詰まり・・・発熱よりも長引き大変でした
ホームケア

[0歳4ヶ月]生後半年、鼻詰まり・・・発熱よりも長引き大変でした [育児の体験談]

966人に読まれました
2015-07-17 22:23
初めて鼻水が出だしたのは、生後半年くらいのことでした。最初は水鼻だったのが、だんだんと粘り気が出てきて、息をするのが苦しそうになるほどでした。それが喉の方におりてきたときが最悪でした・・・。冬場だったので、寒さからの鼻かぜが始まりだったように思います。
  • 粘り気が厄介でした!!

    最初はただの鼻水だったので、機嫌もよく熱もないし、食欲もあったので問題ないだろうと思って病院には行きませんでした。しかし3日くらい止まらずに、だんだんと粘っこくなってきました。そうなると、息がし辛くなりおっぱいを飲むときにむせてしまうようになってきました。お風呂に入ったときなど湯気のおかげか、鼻の通りがよくなるようでした。

    病院に行っても鼻水止めの薬をもらうだけだろうと思い、年末で感染症も流行っていたので、違う病気をもらっても嫌だしと思って、行きませんでした。

    おっぱいも飲みづらそうではあるものの、ちゃんと飲めていたし、今考えると、あまり心配はなかったかなと思います。

    しかし夜寝ているときに、粘っこい鼻水がのどの方に行き、痰のようになりのどに絡んで咳が出て、大量に飲んだばかりの母乳を戻してしまったときは、心配になりました。幸いそのときは実家にいたので、母が緊急にかかるほどではないと判断してくれ、そのまま着替えさせ寝かせました。吐くことによって、粘っこくのどまで来ていた鼻水が全部出て行ったようで、そのあとはうそのようにすやすや寝ていました。

みんなへメッセージやアドバイス

鼻水を自宅でも取ることのできる商品が売られていますよね。そのことからも分かるように、ただの鼻水だけで他が元気なら病院には行かなくてもいいのかなと思っています。もちろんちゃんとした原因を突き止め、早めに治してあげるためには、病院に行った方が安心です♪
2

上へもどる