カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 離乳食の話~娘編③~
離乳食

[0歳8ヶ月]離乳食の話~娘編③~ [育児の体験談]

1944人に読まれました
2016-01-26 12:40
順調にお粥、野菜、魚と進んでいった娘の離乳食はこの一連の工程をクリアした後、早くも2回食になりました!

息子も進みは早かったのですが娘の早さには母である私もビックリです。

量も最初は標準から始めましたが、娘の場合は体重の増え方が緩やかで、もう少し体重を増やした方が良いとの事だったので、体調も良くて、食べたいと意思表示をするなら少し多めに食べても大丈夫と5ヶ月の時に受けた経過観察の検診で保健師さんに言ってもらった事もあり育児書に載っている標準と言われる量よりは多目に食べていました。

(まぁ、体重の増えは緩やかであったのですが離乳食を早めに始めていたこともあり、具体的な離乳食のアドバイスも貰えました!)

そんな娘は8ヶ月頃になるとほぼ幼児食に近い内容の物を食べ始めました。
もちろん、味はうっすーーーーいし、まだまだ食べられる物も限られていましたが、固さはそれなりに歯ごたえのある物を食べ始めました。
ここで1つ。娘の歯が生え始めたのは8ヶ月後半から9ヶ月に入る頃です。
今まで、歯の生えていない状態なのに歯ごたえのある物を好み、娘なりにモグモグして食べていました。
何となく予想はしていたのですが、歯が生え始めて慣れてくると食べるスピードも早くなり、今まで以上に歯ごたえのある物を食べようとするんです!!
そして、体重は変わらないのに食べる量も日に日に増えていきました。本来ならきっと、おっぱいを辞めても良いくらいの量と栄養を摂っていたと思います。それでも娘は食後のおっぱいを辞める事が出来ませんでした。
結局、おっぱいを辞めたのはこの2ヶ月後です。
おっぱいを辞めた後はさらに食べる量が増えていきました。。。
1

上へもどる