カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 勇気を出して挙手!幼稚園PTA役員選出
保育園・施設

[4歳]勇気を出して挙手!幼稚園PTA役員選出 [育児の体験談]

550人に読まれました
2016-01-26 12:25
おめでたい入園式、子供たちはドキドキしながら幼稚園の門をくぐります。そして母親たちも、ある意味ドキドキしながら門をくぐるのです。

それはPTAの役員選出があるからです!

できれば避けて通りたい。。。でも今は殆どの保育園、幼稚園、学校で、子供が在園中(在学中)一度はしないといけないところが多いようです。私たちの地域も例外ではなく、きまりこそありませんが、大体そのような雰囲気になっています。

そして私は今年度、PTAの副会長になりました!
やってみようと思った理由は、次の4つです。

1.誰も手を上げない沈黙の時間がひどく無駄な気がした。
2.上の子のときは役員の仕事を殆どしていないので、末の子のときは、PTAになって少しは幼稚園や皆の役に立ちたいと思った。
3.よく知るお母さんが、PTAの副会長候補の中にいた(副会長は3人必要)。
4.コミュ障気味な私が、他のお母さん方に話しかけれる理由ができる。

実際PTAの幹部になってからは、園の行事があるたびに何かと招集がかかり、準備や反省会など膨大な時間を費やしました。それでも言い切れます!

「やって良かったぁーー!(^-^)」

それは、他の幹部の面々や、保護者の方の人柄が大いに関係しているとは思いますが、最後まで楽しんでPTAの仕事が出来たからです。そのうえ、園児たちから喜ばれ、先生方や保護者の方から感謝されるのですから!

私が良かったと思えることとしては、下の4つがあります。

1.幹部の面々とは仲良くなれて、保護者の方々にも気軽に声をかけられるようになった。
2.幼稚園の内部事情に詳しくなり、先生方とも親しくなれた。
3.幼稚園に頻繁に顔をだすので、園児たちに覚えられ仲良くなれた。
4.行事が終わるたびに達成感がある。

残すところあと1ヶ月少々になり、大きな行事が終了した今となっては、色々なことが懐かしく、少し寂しくも感じます。


みんなへメッセージやアドバイス

良いことづくめのようですが、大きく1つだけデメリットもあります。それは先にもいいましたが、「膨大な時間を費やす」ことです。

仕事をしていたら無理!とは言いませんが(実際幹部の中にも働いている人はいました)、幹部全員が全員働いていたら、ここまで楽しくPTAのお仕事が出来たかというと、難しかっただろうなと思います。

とはいえ、皆で協力すればなんとかなります(^-^)

迷っているのであれば勇気を出して、一度PTAの幹部に立候補するのも良いと思います!
2

妊娠4歳前後の体験談

上へもどる