カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 産後の生活に母がその場で差し入れてくれたもの。
ママの悩み

[0歳3ヶ月]産後の生活に母がその場で差し入れてくれたもの。 [育児の体験談]

399人に読まれました
2016-01-26 16:19
産後2ヶ月近くを実家で過ごしました。
かなりのんびりゆったりとした毎日を過ごし、今までの家事や生活を忘れてしまいそうになるほど。。。
ご飯がでてくるって素晴らしいですね。

そんな生活も終わりを告げ、自宅での育児がスタート。
バタバタとした日々が続いていました。
そんな時に母が遊びにきてくれました。
息子を見てくれている間にあれこれ家事ができたり。。。夫の一人暮らし状態だった家を少しづつ家族
仕様に変えたり。
身の回りのことが進むと気分的にも軽くなりました。

そんなこんなで片付けもしていると、古くなったバスタオルといらないTシャツなどがでてきました。




  • ただとっておいても無駄!

    それを見て、
    何か汚れものを拭くのにつかおーっと。と紙袋にぽいとまとめた私。

    それを見て母がおもむろに。
    「それ、切っておかないと使わないよ!」と一言。
    おもむろに布切りばさみで、じゃきじゃきと大量の布を切り始めました。

    この「古布ぞうきん」的なものは実家でも使っていてとにかく便利なことはわかっていたのですが
    当時はいろんなことを後回しにすることばかりを考えていて手が動いておらず。。。
    母がひたすらに切る姿に、母になって家事をすることのコツを見た気がしました。
    わずかな時間でも作業しておくことで後々助かることってたくさんあるんだなー。


    そしてあっという間に紙袋いっぱいにできあがりました。
    ハンドタオルくらいのサイズにしておくと、息子の汚れものなどにも対応できますし
    もうちょっと大きいと家の掃除にも役立ちます。

    何よりいいのが、そのままポイできること。。。。
    そしてティッシュと違うのはお水を含ませられることです。
    吐き戻しで困った際には助かりましたー。
    もともと服やタオルですから顔とかもぐいぐい拭けますしね。


    その後その大量の「差し入れ」は我が家で大活躍です。
    息子が1歳9ヶ月になった今もキッチンの脇に布用ボックスがあるほどです。
    こうしたちょっとした工夫が育児を楽にするんだなと実感した体験です。






1

上へもどる