カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. とにかくお米を常に準備。
授乳

[0歳3ヶ月]とにかくお米を常に準備。 [育児の体験談]

3051人に読まれました
2016-01-26 16:42
産後、退院してからは完全母乳で息子を育てました。

手術をして輸血を伴ったので産後すぐのおっぱいの出は最悪でした。
息子も欲しい分が飲めなくてお腹いっぱいにならずに寝てしまう。そしてすぐに目覚める。
産後の1ヶ月は辛かったです。

でもとにかく栄養を上手にとって休まないと出ないよと助産師さんからも言われていたので
3食をきちんと食べることは大切にしていました。



  • 産後の生活はとにかくバタバタ。でもお腹空く!

    赤ちゃんとの生活がスタートすると、思った以上にバタバタしました。
    というのも私だけかもしれませんが。。。。

    特に自宅に戻ってからが大変でした。
    おっぱいは欲しがるだけあげようと思って育てていたのですが、これが予想外の大変さ。
    何かしていても泣き出したりすれば手を止めて抱っこ。
    2時間おきに授乳。

    何もきちんと終わらないままに1日が過ぎていくこともしばしば。
    なんだか自分がとても無能に思えました。。。
    そして、とにかくこちらもお腹が空く!
    母乳をあげてると自然とお腹が空くよと友人に言われてかなり半信半疑でしたが本当でした。

    毎回きちんとした食事が作れればいいのですが、バタバタな毎日だとそういうわけにもいかず。
    理想と現実。己の実力。いろんなものを理解しました。

    でもお腹が空いた時にはしっかり何か食べたいんですよね。


    お腹が空いて赤ちゃんが泣いて部屋が汚くてイライラする。。。。。
    しまいにはそんな状況になってきてほんとうによくないなと思ったので、
    「とりあえずおにぎり」という対策をとりました。


    なんのことはないです。
    炊飯器に常にお米を炊いておくか、炊いたお米を冷凍でストックしておくだけです。
    あとは美味しい海苔を用意しておく。

    小腹が空いたり、昼に何も作れなかったら。
    とにかくおにぎりを握って食べる!そこでエネルギーを蓄える。
    そしてカップスープの素などもストックして、水分もしっかりとる。


    赤ちゃんのリズムができる4ヶ月ごろまでそんな感じでとにかく乗り切ってました。
    おにぎり片手に授乳もできますしね。
    そんなごはんたちに助けられて、母乳はめでたく順調に出るようになり1歳5ヶ月の卒乳の日まで
    おっぱいはフル稼働でした!





1

上へもどる