カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 遊びの変化?!成長に伴う行動の仕方って??
ママの悩み

[1歳2ヶ月]遊びの変化?!成長に伴う行動の仕方って?? [育児の体験談]

72人に読まれました
2016-01-27 10:46
赤ちゃんだった頃、子供が生まれた頃は、ただただ寝ているだけだった。
寝る場所とオムツと母乳があれば、一日が終わっていった。

それから、月齢を増すごとに成長し、生活リズムも変わる。
目でものを追ってみたり、音や光に反応をし、動きに反応をする。
始めは、布みたいな、ひものようなものがついているおもちゃを好んで触って、
なめて遊んでいた。
首がすわり、寝返りができるようになってからは、いろんなものを見ようと首を動かし、
まるでプレーリードックみたいだねとみて笑っていた。

それも、今となってはとても、いい思い出。
寝返りの練習をしている頃は、寝たままでよく両足が上に上がっていた 笑。
その仕草は今もまだ残っている。
それを見ると、あ~~と少し感慨深くなってしまう。
お座りができるようになると、これまた違う。
自分で動けるようになれば、もっと違う。

目的のものを見つけたときには、とてつもない速さの高速はいはいで、
ターゲットを目指します。
よく家の中で、はいはいをしながら追いかけっこをしていますが、
はいはいって以外と疲れるんだなって思いました。
子供が、はいはいの途中でいきなり、おっちゃんこってお座りをしている意味が、
自分が試してみて、よくわかりました。
不思議なものですね。

たっちができれば、これまたはいはいとは違う目線でターゲットをゲットしようと
自分から動いていきます。その姿もまた、かわいいです。

1才を過ぎた頃から、外へのお散歩がとても好きになりました。
これから冬が終わって、春になれば、子供との遊びが去年よりも
また楽しくなるなぁとおもいます。今から、体力つけておかないと♪
1

上へもどる