カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 離乳食 >
  4. 離乳食作りの道具について
離乳食

[0歳5ヶ月]離乳食作りの道具について [育児の体験談]

5615人に読まれました
2016-01-27 11:11
はじめての離乳食作りは5ケ月の時に行いました。私は市で開催されている離乳食作りの教室に参加したので作り方や離乳食の固さについては学んでいました。しかし、実際に自宅で作ってみると大変でした!ポタージュ状にするためにすり鉢を使ったり、こし器でこしたり、慣れないので時間がものすごくかかってしまいました。1週間分をまとめて作り冷凍保存しています。離乳食を作るための道具を一式揃えていましたが、使用しているのは一部だけです。あってよかった道具について紹介します。

・まな板
・包丁
・炊飯器
・お鍋
・ミル機能付きのミキサー
・おろし器
・裏ごし器
・すり鉢
・すり鉢用の棒
・リッチェルの容器(25ml)
・フリーザー用 ジップロック

ゴックン期の初期はほとんどミルミキサーを使用してポタージュ状に作りました。初めの頃はすり鉢ですりつぶしていましたが、1週間分を一気に作るとなると、すり鉢では時間がかかって大変でした。ミルミキサーがあれば数秒でポタージュ状にできるので大変便利でした。すり鉢は少量の物をつぶしたい時に便利です。
野菜類ですが、初めの頃はお鍋で柔らかく煮ていました。しかし、色々な野菜が食べられるようになってからは炊飯器を使う時に切った野菜を一緒に入れて炊くようにしました。ちょうど良い柔らかさになるので、あとはお湯を足してのばしたり、そのまま食べやすい大きさにつぶすだけでOKでした。ガス代も節約できるので嬉しいです。
冷凍保存用の容器はリッチェルが一番使いやすかったです。容器が柔らかいので押し出しが可能です。

みんなへメッセージやアドバイス

実際に使用してみないとどれが使いやすいかなどわからないことも多いと思います。購入して使用しないものも出てくるかもしれませんが、別のことに使うこともできるので失敗したーなんて思わないで楽しんで調理してください。
2

上へもどる