カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 電車通勤におけるマタニティマークは肩身が狭い?
妊娠中の生活

[10w]電車通勤におけるマタニティマークは肩身が狭い? [妊娠・出産の体験談]

880人に読まれました
2016-01-28 01:05
一人目の妊娠中は、会社勤めをしていました。
妊娠が分かったのは1月初め。産婦人科で診察を受けたのが1月半ば。母子手帳もらったのが1月の終わりでした。

通勤に当たって、いつも持っているバッグにマタニティマークを付けるか迷いましたが、とりあえず会社のメンバーに妊娠を伝えるまでは止めておこうと。
2月に入って上司に報告し、その後メンバーにも伝えたのですが、マタニティマークを付けるタイミングが良く分かりません。
というか、正直マタニティマークの意味がよく分かっていませんでした。
本来は周囲の人に妊婦だとやんわり伝えて配慮してもらう、といったもののようですが、なかなか現実では使いにくい。
ネットなどでは、万が一倒れた時など、周囲の人に妊婦だと認識してもらうことが目的で付けているという意見もありましたが、こちらの方が納得できますね。

身近なシュチュエーションでは、電車通勤なので座席を譲ってもらうというメリットはあるのかもしれませんが、正直座っている人って携帯をいじっていたり寝ていたりして、立っている人を見ていないし、妊婦もつわりとかの体調不良がない限り、イマイチ座りたいアピールするのも忍びない・・・。
電車通勤でのマタニティマークって効果あるのかな?と疑問に思います。
  • バッグに忍ばせて、いざという時だけアピール!

    幸い私はつわりが軽い方だったので、通勤途中にどうしようもなくキツくなることはなかったのですが、混んでいる車内で立つのは妊娠中期くらいからしんどくなってきました。

    そこで取った作戦は、始発電車に乗り換えて優先席に座るというものです。
    通勤途中の駅で、始発電車が出る駅があります。始発電車も並んで乗るのですが、優先席を狙って行けばほぼ座れます。
    座った時点で、バッグに入れていたマタニティマークを見えるように付けておきました。
    ラッシュの時間帯だと、優先席でもおじさんが普通に座ったりするのですが、「私は理由があって座っています」とアピールするだけの目的でマークを利用したのです。
    気分的に優先席に座ることへの罪悪感が減るので、この時だけはマタニティマークが役立ったと感じました。
    この作戦のお陰か?産休前まで大きなトラブルもなく過ごすことができたので良かったです。

    帰りの電車ではなかなか座れないことが多かったのですが、朝に比べれば混雑していないのでそこまでキツく感じませんでした。
    でも、妊娠6ヶ月の時に、前に座っている40代くらいの男性に「どうぞ」と席を譲ってもらった時は嬉しかったです。
    まだそんなにお腹が出ていなかったので、よく気づいたなぁと。

    さすがにお腹が出てくると、さりげなく席を立ってくれる方も増えてきましたが、本当に座りたいのってつわりのある妊娠初期ですよね。
    私はつわりが軽かったし、始発駅での乗り換えという選択肢があったので良かったですが、キツイ妊婦さんは本当に大変だと思います。

みんなへメッセージやアドバイス

マタニティマークを付けることで嫌がらせを受けるという話も聞いたことはありますが、私の場合は大丈夫でした。
でもバッグから見えるようにしていたのは優先席に座る時だけなので、大丈夫だったのかもしれません。

専業主婦になってからはラッシュの電車に乗ることはなくなりましたし、今は電車に乗るとしても小さな子連れなので席を譲る余裕はありません。
今でもたまに電車に乗るときは、必ず優先席に行きます。子どもが小さいので、子ども+荷物で手一杯です。
でも子供たちが大きくなったら、そして今後社会復帰したとしたら、その時はマタニティマーク付けた女性には優しくしたいと思っています。
0

妊娠10w前後の体験談

妊娠中の生活の人気体験談ランキング

上へもどる