カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 生後1ヶ月 >
  4. ラッコの様な寝方は今でも続く
生後1ヶ月

[0歳1ヶ月]ラッコの様な寝方は今でも続く [育児の体験談]

481人に読まれました
2016-01-28 11:49
出産してから2・3日後、赤ちゃんと一緒に過ごす時間が増えます。
その時の寝かし方で、わが子たちは家に帰った後の寝方が違いました。

お兄ちゃんの場合。
病院内で移動式のベットを借りていたのですが、中々眠れずしょっちゅう泣いてました。
初めてでどうしていいか分からなかったので、くっついていたら落ち着くのではと考え、
お腹の上に乗せて寝かせてました。朝見に来た看護婦さんに「ラッコさん見たいね~」なんて
言われたのを覚えています。
その後、体制が気に入ったのか寝返りが打てるまでずっと私のお腹の上で寝てました。
コロンと転がり落ちることなく、ビシッとくっついたまま離れませんでした。

弟くんの場合。
彼の場合は、移動式ベットの中ですやすやと眠ってくれる子でしたので、
実家や主人の家に帰っても、ベビーベットの上で寝てくれました。
夜鳴きの感覚も驚きの5時間と空いていたので、私のほうがビックリして何回も起きて様子を見てました。

赤ちゃんの期間を過ぎてから今でも、お兄ちゃんは夜中に泣くと、私のお腹の上で寝たがります。
6歳と大きくなり私の方に抱きつくスペースがなくなってきたのとお兄ちゃんの体重が重くなってきたので、何時間も乗せるのは難しくなってきました。
たまに、主人も子供たちを乗せている姿を見ることがあるのですが、
クマの親子にしか見えません。

三人に隠れてくすくすと笑っているのは内緒ですが・・・。

みんなへメッセージやアドバイス

一番いいのはベビーベットで寝てくれるのが理想ですが、赤ちゃんなので、
そういうわけにもいきませんが、お母さんたちの無理の無い体制で寝かしつけれるのが一番いいと思います。
1

上へもどる