カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 妊娠時に摂取したい「カルシウム」。カルシウムの吸収率を考える
妊娠中の生活

[27w]妊娠時に摂取したい「カルシウム」。カルシウムの吸収率を考える [妊娠・出産の体験談]

7029人に読まれました
2016-06-16 14:27
妊娠するとバランスよく栄養あるものを摂取したいと思うのですが、なかなか現実はうまくいかなかったりします。
  • カルシウムの吸収率

    普段から牛乳が好きでよく飲んでいましたが、乳製品からのカルシウム吸収率は50%だそうです。
    小魚からのカルシウム吸収率は30%。
    さらに野菜からのカルシウム吸収率は20%までに落ちるようです。

    食べればよいと思っていたので吸収率のことまで考えていなかった(T_T)

    たとえば牛乳コップ1杯だと200mg、しらす干し10gだと53mgの摂取になるようです。

    たくさんカルシウムを取っているつもりでも吸収率が悪いものを選んでいるとその倍、さらに多くの量が必要かもしれません。

    と思っていると、、、切干大根を20gで108mg。乾燥わかめ1gで10mg。高野豆腐は20gで118mg、と乾物を上手に利用すると少しの量でカルシウム摂取が可能なことが分かったのでこれから工夫していこうと思います^^
  • 妊娠中にカルシウムが必要な訳

    そもそもなんでカルシウムが必要かと?と疑問に思ってみて調べてみると。。。。

    カルシウムはお腹の赤ちゃんの歯や骨を作るだけでなく、ママの骨を維持するのに大切な役割を果たしているようです。また母乳分泌にも必要なもの、とのこと。
    このカルシウムをうまく取り入れるためには カルシウムの吸収を助けてくれるたんぱく質やビタミンDを一緒に取るとよいそうです。

    ビタミンD????

    と思いましたが、日光浴は体内でのビタミンDを活発にしてくれる働きがあるようなのでこれからの季節、少し外に出てお日様に当たっていくのもよいかもしれませんね。
1

妊娠27w前後の体験談

妊娠中の生活の人気体験談ランキング

上へもどる