カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 授乳 >
  4. 断乳の進め方4~おっぱいに頼らない寝かしつけ方法~
授乳

[0歳10ヶ月]断乳の進め方4~おっぱいに頼らない寝かしつけ方法~ [育児の体験談]

9441人に読まれました
2017-01-16 16:20
ここまで断乳の進め方について書いてきましたが、今回はおっぱいに頼らない子供の寝かしつけ方法を書いていきたいと思います。

うちでは昼も夜もずっと添い乳での寝かしつけだったので、断乳は私にとってかなりつらいものでした。

おっぱいなし生活に慣れるまで試行錯誤の毎日…
でも日々の生活の中でだんだんわかってきました。
  • ◇サインを見逃さない◇

    息子は眠くなると手足が熱を持ってきて、目をこすり、あくびをします。

    そのタイミングを見逃さずに布団をかけてあげて頭かお腹トントン、または手を握ってあたためてあげるとスゥーっと眠りについてくれます。

    私は“トトロ”と呼んでいますが、仰向けに寝たお母さんのお腹の上にうつぶせにした息子を乗せる方法も有効です!
  • ◇アイテムを使う◇

    それでも寝なかったら「抱っこ紐」の登場です。

    私の場合、妊娠中なのであまり使えないですが、抱っこ紐にいれてゆらゆらします。部屋は暗く。テレビも消して。
    お尻をトントンしながら、耳元で寝息の真似をしてゆっくり息を吸って吐いてを繰り返して聞かせると眠気を誘います。

    オルゴールも効き目がありました。
    今はyou-tubeやアプリもたくさんあるのでぴったりのものを探してみてはいかがでしょうか。
  • ◇夜寝る前のフォローアップミルク◇

    これは賛否両論あるかもしれませんが、うちはこれで助かっています。
    寝る30分くらい前にフォローアップミルクを作ります。
    あたたかいので、飲んだあとに体があたたかくなってきて眠気を誘うみたいです。

    ただ、虫歯が気になるので、お茶を飲んで歯磨きを忘れずに。
  • ◇生活習慣を見直す◇

    息子は10ヶ月なので、朝寝と昼寝をします。
    午前中2h、午後2hしていたものを、半分の1hずつにしました。

    朝は主人のお見送りに8時に起きて夜は23時に寝かせています。
    (夜寝るのが遅いと思われるかもしれませんが、うちでは理由があってこの時間に寝かせています)

    離乳食も毎日決まった時間にあげるようにし、日中は好きにあそばせ、動いて体力を消費させています。

    毎日の生活習慣をしっかり管理し、時間通り眠りについてもらうことで、忙しいお母さんの負担も減り、自分の時間も増えて一石二鳥です!


    いかがでしょうか。個人差があるのでこの方法で寝ない子もいるかもしれませんが息子はこれで断乳後のルーティーンが出来上がりました。

    その子に合った寝かしつけ方法をみつけて、眠気からくるイライラから卒業しましょう!

みんなへメッセージやアドバイス

断乳できたらたくさん褒めてあげましょう!
おっぱいに甘えられない分、十分抱きしめて甘えさせてあげてください。

断乳が成功すれば、外出時も授乳室を探さなくて済みます。
主人や両親に簡単に預けることもできます。
夜中も頻繁に起きずに済みます。

大変な分メリットも大きいので頑張りましょう!!
0

上へもどる