カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 3歳の遊び道具「洗濯バサミ」
遊び・あやし

[3歳]3歳の遊び道具「洗濯バサミ」 [育児の体験談]

591人に読まれました
2016-01-29 01:25
子どもってなんでも親の真似をしたがりますよね。
3歳の息子は洗濯ばさみで洗濯物をつるしたくてしかたがなく、やりたいやりたい!というので
やってもらうことにしました。

  • 洗濯ロープを付けて。

    息子がプレで通っている、モンテッソーリ教育の幼保園にも洗濯ばさみを使って行うおしごとがありました。
    おしごとというのは、子どもたちが自分で選んでする遊びの一種です。

    おしごとのための教具が園中にたくさん置いてあり、ひとつひとつ集中して子どもたちが行っていきます。

    部屋の角に洗濯ロープがかけてあり、小さい洗濯ものを干したりしていたのを思い出し、
    これは家でもできていいな~と、部屋に洗濯ロープをかけてみました。




  • 大きい洗濯バサミのほうがやりやすかったみたい!

    子どもにとっては洗濯バサミを使うこともすごく難しかったりするんですよね。

    2歳くらいで洗濯バサミを段ボールにつける、という遊びをずっとやって楽しんでいたりしましたが、
    靴下をロープにつるすとなると、一段と難しくなります。

    段ボールは動かないし、片手で洗濯バサミを持つのが難しかったら両手で持てばよかったですが、
    今回は靴下を左手で持ちながら、右手で洗濯バサミを開かなければなりません。

    小さい洗濯バサミよりも、大きい洗濯バサミの方がやりやすかったみたいで、
    息子は大きい洗濯バサミを使って、とても苦労しながら靴下をつるしていました。

    最近はアウターをハンガーにかけるお手伝いもするようになり、
    どんどん大人の真似がうまくなってきました。

みんなへメッセージやアドバイス

子どもがいろいろなことに興味を持って、挑戦して、できるようになるって
本当に見ていてうれしいし楽しいですよね!

どんどんやりたい!ということに挑戦させてあげられたらいいな、と思います。
1

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる