カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 乳腺炎で麻酔なしの切開手術!育児中のお母さんの急な病気
保育園・施設

[0歳3ヶ月]乳腺炎で麻酔なしの切開手術!育児中のお母さんの急な病気 [育児の体験談]

3989人に読まれました
2016-12-06 15:34
お母さんが急な病気になっても困らないように、前もってしておくといいことについて書きたいと思います。
  • お母さんが急病を発症

    赤ちゃんのお世話に追われてついつい自分の事は後回しで、気がついたら疲れが溜まっているなんて事はありませんか?
    赤ちゃんが病気になるのも心配ですが、お母さんがもしも熱を出したり体調不良の際に赤ちゃんのお世話をするのは、肉体的にも精神的にもきついと思います。

    私は一人目の出産後3ヶ月位の頃に乳腺炎で切開手術をしました。
    母乳育児中ということで麻酔なしでの手術はかなりの痛みで、さらに毎日のガーゼ交換の為の通院とでヘトヘトになり、発熱しました。
    もちろん切開した側でのだっこは痛さのあまりできない状態。
  • 一時保育の見落とし点

    そこで私が考えたのは一時預かりをしてくれる託児所でした。
    少し高額な料金はかかるけれど、日中ろくに赤ちゃんのお世話ができない状態では赤ちゃんもかわいそうだし、自分も安静にして早く回復したいという思いから託児所を利用してみようと思いました。

    そして何軒かの一時預かりをしている託児所に連絡をした所、全ての託児所から断られてしまいました。
    その理由は、お試し預かりもしていないので受けられない、急に言われても事前に登録がないから受けられないというものでした。
  • 事前の下調べの大切さ

    私自身も病気になり切羽詰まった状態だったので、藁にもすがる思いでの託児所連絡をしたつもりだったのですが、後になってよく考えると、どんな環境の託児所かわからないところに、まだ喋ったり意思を伝えることのできない赤ちゃんを預けるのも不安だと思いました。

    産後、自宅近くの一時預かりをしてもらえる託児所を探し環境や保育士の方とお話をして、事前登録などが必要な場合は念のために登録をしておくことは大切だなと痛感しました。

    ご近所に実家や頼れる方がいらっしゃればそれにこしたことはありませんが、日中頼れる人がいない状況の方も多いと思います。
    私に限ってと軽く思わずに、事前に電話でも訪問でもよいので下調べ等をされることをお勧めします。
1

上へもどる