カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 妊娠中の生活 >
  4. 冷え性さんへ~ちょっとした対策で冬を乗り切る方法~
妊娠中の生活

[10w]冷え性さんへ~ちょっとした対策で冬を乗り切る方法~ [妊娠・出産の体験談]

910人に読まれました
2016-03-30 15:57
妊婦さんに冷えは禁物です。
妊娠してから血行不良で浮腫みやすくなり、ホルモンが乱れたり消化機能の低下から手も脚もいつも冷たい状態でした。
早産や難産の原因にも繋がってしまうので、何か対策を!と思い簡単に出来ることから始めました。
  • 裏起毛やモコモコ靴下を選ぼう

    足の冷えは、長年悩まされてきましたが妊娠して更に悪化しました。
    そこであったか素材の靴下を購入して、毎日履くようにしています。

    もし冷えを感じた場合、お風呂で足湯→脚を揉む&ストレッチ→あったかソックスを履くという流れで過ごすと、昼夜問わず足がぽかぽかになるのでお勧めです。

    夜寝ている間に靴下を履くと血行不良になってしまい逆効果なので、敷布団シーツや掛け布団を冬用にして対策しました。
    家にいるときはブランケットは必須です。
    我が家では湯たんぽがない代わりにペットボトルにお湯を入れてタオルで巻いて使っています。
    暖房だけでは寒く感じる時にお勧めです。
  • ヒートテックだけに頼らない

    もちろんヒートテックは万能な衣類ですが、それだけではなくその上に着るものも注意しなくてはなりません。
    冬場はタートルネックのニット素材のものに腹巻やマフラー、手袋をプラスして
    貼るホッカイロを常備するなど抜かりなく準備しました。
    もしウィンタースポーツ用の服を持っている方はそちらを活用するのも節約になっていいかもしれません。
  • 食品は身体をあたためるものをセレクト

    生姜は必ず家に置いておくようにしています。
    安い時に貯め買いして、冷凍庫に保存しています。
    冷凍したままでもすりおろし器で剃ることができるので、切りわけて保存しておくと使いやすいです。
    味噌汁にちょこっと入れたり、ゆず湯に入れたりするだけで身体が温まります。

    他にもにんにくやネギ、ごまを料理に使っていました。
    個人的に、お米は毎日食べたほうがいいと思います。
    私の家では玄米(胚芽7分つき)を食べています。
    炭水化物を摂らないと脳がぼーっとすることが多く、運動量が減ってさらに冷えていく感覚があります。
    体重管理で炭水化物を減らした時期もありましたが、冷えて身体が固まってさらに体重が増えてしまいました…。
    お米にはタンパク質も含まれていますし、パンや麺類と比較して油脂もほとんど無いので
    炭水化物を摂取して効率的に動くことが大切だと感じています。

みんなへメッセージやアドバイス

冷えを放っておくと、自分だけではなく赤ちゃんにも悪影響なので、身体を大切にして過ごし、生活を見直すことは精神も安定させてくれます。
1

妊娠10w前後の体験談

上へもどる