カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 睡眠(ねんね) >
  4. 夜泣きのパターン
睡眠(ねんね)

[1歳4ヶ月]夜泣きのパターン [育児の体験談]

955人に読まれました
2016-01-29 12:44
先日、図書館で借りた育児書を読んでいて気になった一文がありました。

「抱っこ、おんぶ、ママとの遊び。
心が満たされれば泣かなくていい」

という一文です。

ここ数ヶ月、「もしかして」と思っていた事に当てはまったので印象に残ったのです。

おっぱいを辞めて、慣れてからは夜泣きの回数も減ったし、夜泣きしても激しさのレベルがぐんっと下がって対応するのがかなりラクになりました。

ところが一か月に1〜2回、夜泣きが激しい日があります。

急にMAXレベルで泣き出し、トントンも添い寝で抱っこも、背中をさすっても、話しかけてもダメ。何をしてもとにかくダメで、水分補給させてひと呼吸!と思ってもマグを放り投げてしまいます。

思い切って起そうと思い、娘の上体を起こすとますます泣きます。眠くて不機嫌なのもあり、よけいに泣いてしまいます。

どうしようかなと悩んでもこちらももう手は尽くしたので、落ち着くのを待つしかありません。

上体を起こしたまま隣に座り、ギュッと抱き寄せて優しい声で話しかけるとだんだん落ち着くのがわかり、最近はこのやり方で対応しています。
  • ママ不足の日は夜泣きの日?!

    こうして夜泣きに付き合いながら、「いつもはこんなことないのになぁ。なんでだろ?」と思っていました。そしてその「いつも」というのが平日であることに気づきました。

    夜泣きをする日は週末。

    平日と週末で何が違うのか。それは週末にはパパが一日中家にいるということです。

    パパが原因かというとそうではなく、パパがいることでママとの関わり方が変わってしまうことが原因だと思うのです。

    平日朝から夜寝るまでママと二人きりで過ごすといことは、ママとべったりたっぷり過ごしているということ。

    でも週末になると私はついパパに娘の相手を任せてしまい、家事を優先して過ごしてしまいます。

    娘と関わる時といえば、お風呂と寝かしつけのときぐらいです。

    娘からしたら、突然のママ不足。娘の中のパパタンクは満たされても、ママタンクはほぼ空っぽ。

    これではバランスがとれませんよね。

    だからその不安定さが夜泣きという形で出てしまうのかなと思うようになりました。

    それ以来、週末もなるべくパパと娘との遊びに参加するようにして、ママタンクを平日と同じぐらいに満たしてあげるようにしています。

みんなへメッセージやアドバイス

子どもって本当に敏感で繊細なんだなぁと気付かされた出来事でした。いつもいつも同じにはできないけれど、なるべく子どもの心を満たせるように気をつけようと思います。
1

睡眠(ねんね)の人気体験談ランキング

上へもどる