カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. 出産 >
  4. 子供へ贈る最初のプレゼント
出産

[33w]子供へ贈る最初のプレゼント [妊娠・出産の体験談]

5346人に読まれました
2016-06-16 15:40
お腹の赤ちゃんの性別が分かる前から男の子だったら〇〇、女の子だったら〇〇と私は名前を考えておきたかったのですが、主人に相談しても恥ずかしいのかいつも話をそらされたり、ふざけられたりしていました。親から子供へ贈る最初のプレゼント。お互いにしっかり考えて納得のいくものをつけたかったので、そんな態度によくイライラしてました。

  • たくさんの想いを込めて・・・

    お腹の赤ちゃんの性別がわかったのは7ヶ月後半、男の子でした。出産まで残り3ヶ月ほど。産まれてからの手続きの書類や保険の準備など、やっておきたいことがたくさんあったので、男の子の名前を考えようと改めて話をしました。

    私にはどうしても使いたい漢字がありました。”海”という字です。

    主人が海が大好きだということも理由の一つなのですが、私たちは4年ほど前、まだ付き合い始めたばかりの頃、バイクと車の事故にあいました。私たちがバイクの方です。私も外傷がひどかったのですが、彼はもっとひどい大怪我を負いました。その内の一つ、鼻の神経がやられてしまい匂いがわからなくなってしまったということです。
    その時に彼が「もう海の匂いがわからなくなってしまったのが辛い。」「将来、海の見える家に住みたいって夢も消えてしまった。」とすごく悲しそうに言ったんです。私はその言葉がずっと忘れられませんでした。そして、本当に海が好きで好きでたまらないんだなと思いました。
    なので、子供が出来たらどうしても海という漢字を使いたかったのです。その話をした時に「お前はそこまで海、好きじゃないのにいいん?」と言われましたが、絶対にそこだけは譲りませんでした。海の持つ広く大きなイメージもいいと思いました。そこから二人で海という漢字を使った、当て字ではなく素直に読める名前、画数や漢字の持つ意味も調べて、9ヶ月くらいの時にやっと決めることができました。

みんなへメッセージやアドバイス

たくさんの想いを込めて決めた息子の名前は、自信をもって贈れる最高のプレゼントです。冬生まれの子ですが、父親と同じように海を好きになってくれればいいなと思っています。
この名付けの話の時に、「匂いは分からなくなってしまったけれど、やっぱり海が好きで落ち着くから、将来は海の見える家に住みたいってまた思ってる。」と言われたときはすごくホッとしましたし、泣きそうになりました。
0

妊娠33w前後の体験談

上へもどる