カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ベビー用品 >
  4. もらってうれしかったおもちゃ【木の車】
ベビー用品

[0歳10ヶ月]もらってうれしかったおもちゃ【木の車】 [育児の体験談]

654人に読まれました
2017-01-19 14:43
友人や親戚からお祝いなどでおもちゃを頂く機会があったのですが、その中で嬉しかったものの一つが「木の車」でした。
  • 適度な大きさと安全性。

    息子がうまれて、いつかは車で遊んだりするんだろうなと思いましたがその機会はわりと早く訪れました。

    ズリバイをしたりハイハイをしたりして世界が広がるのと同時に色々なものに手が伸びてくる時期がありますが、その頃からこういった木の車を転がそうとする動きが始まるのには驚きました。

    おすわりを上手にできるようになるころには自分の前をコロコロと転がすことができ可愛らしい姿を見ることができました。
    木製がありがたかったのが、そういった時にも安全であることでした。
    色々とできるようになるもののまだ口にもとにかくもってく時期だったので、べろべろになめたり加えたりしても安全である必要がありました。
    プラスチックや小さいミニカーだとそこらへんが心配でしたので。。。

    あと、適度な重みで扱いやすいようでした。


    個人的にいただいたもので満足だったのが、大きさでした。
    ミニカーの部類とは違い、大人の女性のこぶしを2つ分くらいのサイズだったので、赤ちゃんが手を置いて体重をかけても安定していました。
    大人が思うよりも体重をかけて転がしてるので、あまりにも軽いものだったり小さいとずっこけることがあり、うまく遊べず不満そうでした。
    なので、いくつかある車の中でも木製のものを選んで遊ぶ機会が多かったように思います。


    1歳9ヶ月になった今は小さな車でも上手に遊べますが、今でも毎日ミニカー類と一緒に並べて遊んでいます。
0

上へもどる