カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 子どものゲーム環境
遊び・あやし

[4歳]子どものゲーム環境 [育児の体験談]

181人に読まれました
2016-01-31 12:01
先日、未就園の一人っ子さんが、すでにテレビゲームで遊んでいる、と耳にし驚きました。
そんな時代なんですね。
ママ友には「おもちゃは場所をとるし、先々処分する事になるから」と早くにゲームを与えた、という人もいて、これまたびっくり。
おもちゃについても、子どもの想像力を育てる、という考えで与えることに抵抗があまりない人もいれば、最低限でいい、という考え方の人もいます。

幼稚園に通う娘のクラスの男の子は、ほとんどゲームを持っているようです。
兄姉がいる友達が持っていて、一緒に遊ぼうという誘いが、ゲームの購入の理由になっていくみたいですね。

友達の家に遊びに行って、それぞれがそれぞれのゲームをして、時間になったら帰っていく。
それは、友達と遊んだ、とは言いません。
ゲームで遊ぶことについては、親同士で取り決めをしておいた方がいいと思います。
ゲームをさせたくない家庭のお子さんも遊びに来ることがありますから。
とはいえ、誰かの家に遊びに行く、という事は、その家のルールで遊ぶ、という事でもあるので、親同士の価値観も重要になってきます。


男の子はなかなかゲーム無しで、成長するのは難しいですね。
きちんとルールを決めて遊べば、それほど悪いものではないかな、と私自身は思っています。
うちの場合、上の子は、ポータブルなものではなく、テレビゲームを小学生になってから与えました。
どんなゲームをどのようにしているか、見ることができるので良いです。
ゲームと上手に付き合っていけるといいな、と思っています。
0

妊娠4歳前後の体験談

上へもどる