カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 3歳以上 >
  4. 柔軟な言語感覚
3歳以上

[3歳]柔軟な言語感覚 [育児の体験談]

282人に読まれました
2016-01-31 18:03
私は関東、夫が関西出身です。
夫の実家の敷地内に家を建てて住んでいます。

それぞれ、3歳と1歳で関西に引っ越した我が子たち。
家ではそんなに関西弁は出ませんが、友達としゃべっている時は完全に関西弁。
そして、私の実家に遊びに行ったときは、2人とも関東言葉で話しています。
すごいなぁ、といつも感心します。

2人とも大体1歳ころから言葉のようなものを話し始めました。
その頃は当然、関東にいたので関東の言葉で覚えたはずです。
(下の子は1歳後半には関西に移ったので、ちょっと微妙ですが…)
父親は一応関西弁で会話していましたので、全く知らない言葉ではなかったとは思いますが。

子どもの言語感覚って、本当に柔軟なのだなぁと感じます。
相手によって話す言葉を即座に、自然に変えることができるのですから。
これが英語とかだったら先々役に立つのになぁ、いかんせん、両方結局日本語です。
関東と関西で話し言葉を変えられても、便利かどうかはちょっと疑問です。

でもこれは、両方日本語だったからこそ、簡単に変えることができたのかもしれません。
全く違う言語だと、また少し事情も違ったのかもしれません。

上の子はそれでも、関東の言葉がベースになっている感じがします。
小さいうちに身に付けた言葉って、大事ですね。

例えば、英語と日本語の環境だったら、どんな感じになるのでしょうか。
やっぱり相手の言語に合わせて、パッと言葉を切り替えられるのでしょうか。
もしそうなら、うらやましい限りです。
1

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる