カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 大苦戦!赤ちゃんの鼻水のとりかたいろいろ
ママの悩み

[0歳2ヶ月]大苦戦!赤ちゃんの鼻水のとりかたいろいろ [育児の体験談]

4636人に読まれました
2016-08-19 16:32
赤ちゃんって、当然のことながら自分では鼻水が出てもかめないし、気道が狭いし鼻毛もないので、すぐに鼻水がつまります。
我が家でも、例によって大苦戦。特に1か月過ぎでRSウイルスにかかった時は、それまでの比ではなく鼻水が出て、とらないとすぐ苦しそうになって大変でした・・・。

赤ちゃんの鼻水の取り方には、いくつか種類があります。私の試してみた感想をそれぞれ示します。
  • 綿棒

    鼻の穴を除いて、目に見えるところに鼻水があればほぼ麺棒でとりました。理由は終わったら捨てればいいので処理が簡単だから。その代わり赤ちゃんはものすごく嫌がりましたし、1本ではうまく取れなくて2本、3本と使うこともありました。
    また、あまり奥まで麺棒を入れてしまったり、取れないからと言ってしつこくやりすぎると鼻の粘膜を傷つけてしまったり、血が出てきてしまうので注意が必要です。
    それと、あくまで目で見える範囲のものしかとれませんので、奥の奥にあるほぼ痰のようなものはとれません。
  • 鼻水吸い器

    市販の口で吸うタイプのものを利用していました。最初は力加減などが難しく、赤ちゃんが嫌がって泣きわめく割には全然取れませんでした。
    固い鼻水や粘度のある鼻水も取れづらいようです。しかし、RSの最盛期で鼻水がだらだらだったときは役立ちました。
    難点は、管が細くて洗うのが面倒なことと、ウイルスの場合は自分にも感染する恐れがあること。使った後はうがいをするなどしていました。
  • 自分の口で吸う

    ネットにあり1度だけ試してみようと試みましたが、正直うまくできませんでした。

みんなへメッセージやアドバイス

赤ちゃんが自分で鼻水の処理ができるようになるまで、大変だと思いますが頑張りましょう。また、小児科では鼻水を吸う機械もあり、それだけのために来院しても受け入れてくれるところもあるようでした。
1

上へもどる