カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. 乳幼児のいるお家環境~その2~
事故予防・安全

[0歳1ヶ月]乳幼児のいるお家環境~その2~ [育児の体験談]

279人に読まれました
2016-02-01 18:26

現在、幼稚園年少と2歳児の2人の娘っ子の育児奮闘中です!
今回は、乳幼児と生活をするにあたってのお家環境について、わたしの経験したことを書いてみます。
~その1~としてもうひとつ書いた記事があるので、もしよろしければそちらも見てみてください!

  • 赤ちゃんロックの使用

    赤ちゃんは、動き回れるようになるといろいろなものに興味を持ちます。「まさか!」と思うようなところにも気が付いて触ったりします。
    引き出しなどもどんどん開けられます…。そこで対策として購入したものは「赤ちゃんロック」というものです。
    赤ちゃんが触ったり引き出しを開けたりできないようにロックするものです。

    実家に行った際にもテレビ台の引き出しなどを開け閉めして、自分の指を挟んで大泣きし、両親もロックを設置してくれました。
    100円ショップにもさまざまな安全対策グッズが売っていますよね。わが家も100円ショップの赤ちゃんロックを購入してつけましたが、いくつかは数か月経つと粘着が弱くなってしまい、はずれてしまったり、子どもは力づくでなんとしてでも開けようとしたりするので、ロックごとはずれてしまったり…ということもありました。

    丈夫なものをつけておきたい場合は、多少の値段がするものの方がいいかもしれません。

  • 物は上に上に…

    とにかくなんでも触りたがります!ハイハイからつかまり立ちになると、それまでは届かなかったものに手が届くようになり、テーブルの上にものがおけなくなりました。
    2歳を過ぎると、踏み台を使って少し高いところに置いておいたものも、自分で取れるようになります。
    そして、またさらに上の方に置くことに」なりました。

    こうして、どんどん子ども目線の位置には物が置けなくなり、上へ上へと移動していきました。

    いろいろと、インテリアなどで飾りたいものがあったりしても、子どもに壊されたりと思い通りにはいかなくなることをちゃんとわかっておかないと、イライラの原因になるかもしれません…。

みんなへメッセージやアドバイス

現在は、3歳児と2歳児専用のお部屋環境になっていますが、また4歳、5歳となるにつれて、その年齢に合わせたお部屋づくりをしていかなくてはいけないなあと思っています。
0

事故予防・安全の関連カテゴリ

上へもどる