カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. 乳幼児のいるお家環境について~その1~
事故予防・安全

[0歳1ヶ月]乳幼児のいるお家環境について~その1~ [育児の体験談]

324人に読まれました
2016-02-01 18:39

現在、幼稚園年少と2歳児の2人の娘っ子の育児奮闘中です。
今回は、現在育児中ですが、この育児を体験して感じる「乳幼児に合う環境づくり」について書いてみました。

  • 猫との生活環境

    わが家には、長女が生まれる前から2匹の猫がいます。長女が生まれる時に、まず考えたのが「猫との隔離」です。
    猫が赤ちゃんの上に乗らない様にするために、猫用の2段ゲージを買いました。
    柵などでの対策も考えましたが、簡単に飛び越えてしまうので猫をしばらくゲージに入れておくことが一番確実であろうと考えたのです。

    実際は、猫のほうが初めは赤ちゃんを警戒して近づくことはなく、ゲージに入っていなくても赤ちゃんに悪いことはしなかったので問題ありませんでした。
    今では仲良く一緒に寝たりしてほのぼのしています。

    ただ、猫のトイレは赤ちゃんが近づけないようにする必要はあると思います。はいはいなど動き回れるようになると、好奇心旺盛な赤ちゃんは猫のトイレにも興味津々です。
    わが家の場合は、ゲージの中にトイレやエサ、水などを置くことで、赤ちゃんが触れないようにしましたよ!

  • プレイマット

    赤ちゃんのために用意したものにひとつです。クッション性があるので安心ですし、防音対策にもなります。
    現在、昼夜問わず家の中で走り回るため、今もプレイマットは大活躍中です。
    ただ、ひとつ言えることは、「シンプルなプレイマットが一番!」ということです。
    わが家は始め、かわいいかなあと思って動物の柄のプレイマットにしました。動物の部分が外れるようになって遊ぶこともできるものなのですが、赤ちゃんが触れるようになると、はずしまくって大変なことになりました!
    なんの細工もなく、シンプルなプレイマットに買い換えてからは、直す作業もイライラすることもなくなり、始めからこうしておけばよかった…と思いました。
  • 加湿清浄器の設置

    やはり、ハウスダストなど気になりますし、猫も飼っているので空気清浄器は必要かなと思い購入しました。加湿機能もついているものにしました。
    基本的には一日中つけておき、湿度も60%を保つといいと聞いたので、加湿もしています。
    冬場など特に乾燥しやすい時期には、加湿器でも30パーセント以下を示していることが多く、加湿器以外でも加湿をしています。

    簡単な手作り加湿器としては、コップやお気に入りの容器に水を入れて、コーヒーフィルターやキッチンペーパーなどをくるくると棒状にしたものを数本その中にいれておくだけ、というものです。
    コーヒーフィルターなどは、カットしたりお花みたいに形を作って見た目も可愛くすることもできるみたいですよ!

みんなへメッセージやアドバイス

長くなってしまいますので、また~その2~の方にも続きを書きますのでもしよかったら読んでくださいね!
2

事故予防・安全の関連カテゴリ

上へもどる