カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. 「たったそれだけのこと」が楽しい
遊び・あやし

[1歳4ヶ月]「たったそれだけのこと」が楽しい [育児の体験談]

294人に読まれました
2016-02-02 14:59
子どもと遊んでいると、ふとした拍子に思いがけず大笑いしてくれる時があります。

「えっ、これがそんなにおもしろいの?!」ってこっちはびっくり。

気にいると何度も同じことをさせられ、正直ちょっとめんどくさい(笑)のですが、顔を真っ赤にしてケタケタと笑い転げる姿が可愛くて何度も何度も同じことの繰り返しに付き合ってあげています。
  • 最近のヒットはこれ!

    最近娘が大笑いしたり、気に入って何度もねだってきたことをいくつか紹介します。

    にらめっこ:
    いつもの手遊び歌をしていて、飽きた様子だったので新しく取り入れてみたのがにらめっこです。ちょうど一年前ぐらいに遊んでみたときは、ママが一生懸命変顔をしても、きょとーんとしているだけでした。
    が、今年は違いました!「あっぷっぷ」でソフトに変顔をしてみたら大受け。向かい合って膝に座らせていたのですが、膝から転げ落ちそうなぐらい笑ってくれました。
    あまりにも笑ってくれるので、回を増すごとに変顔のレベルも上げていきました。やりがいを感じるぐらい笑ってくれ、しまいには私の真似を始めて「あっぷっぷ」で娘も唇をとんがらさて変顔してくれました。
    以来、甘えたくてグズりだした時や、転んだりしてギャン泣きした時ににらめっこをすると、ピタッと泣きやんで笑ってくれるようになりました。

    ぬいぐるみをおんぶ(?)
    最近小さな母性が目覚め始めたのか、ぬいぐるみを抱っこしてほっぺをくっつけて、可愛がるそぶりを見せるようになりました。私がぬいぐるみの頭をよしよしとなでると、娘もニコニコして同じことをしています。ある日、いつも抱っこなのでたまには違うパターンで遊ぼうと思い、ズボンの中にぬいぐるみを入れてみました(写真のやつです)。
    すると嬉しそうな顔をして鏡を見に行き、背中にぬいぐるみがいるのを見てニンマリと満足気に笑いました。ぬいぐるみを取り出すと、またズボンに入れて!とせがんできました。
    どうやらこれも定番の遊びになりそうです。

    あとは、部屋干し用の洗濯竿に毛布や薄い肌掛け布団をひっかけます。少しずらして干し、娘が下を通ったときに毛布が顔に当たるぐらいに調節します。すると、その下を行ったり来たりして、毛布でできたカーテンをくぐるのを楽しんでいます。何がそんなに面白いのか、延々繰り返しています。
    そういえば私も、カーテンの中へ入ったり出たりして遊んでたなぁと子どもの頃を思い出しました。
    私が大人になって忘れてしまった、子どもにしかわからない楽しみがいっぱいあるんだろうなぁ。

みんなへメッセージやアドバイス

「いつもとちょっと違う」がきっとヒットするんですね。天気が悪くて出かけられない日やなんか機嫌が悪いなぁという日は、いつもの遊びを少し変えてみると楽しい日になりそうです。
2

上へもどる