カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. ママの悩み >
  4. 成長の記録、つけてますか?~ズボラな母の手抜き技~
ママの悩み

[0歳1ヶ月]成長の記録、つけてますか?~ズボラな母の手抜き技~ [育児の体験談]

4565人に読まれました
2016-02-04 14:11
初めての出産のとき、妊娠中に「育児日記」を買いました。結構分厚くて、ちゃんとしたものです。しかし、細かくつけていたのは最初の2週間くらい・・・。気が付けば、白紙が続いて、いつのまにかそのノートすらどこかに行ってしまいました。

二人目の時も、やはり出産した病院で「育児ダイアリー」なるものをいただき、「よし!今度こそ!」と思いましたが、もっと早くに断念。思えば、若いころから日記は続いたためしがありませんでしたから、当然です。

でも、子どもの発育の記録というのは、実は時々必要になる場面があるのです。では、それはどうしたらよいのでしょうか。

日記が書けない、ズボラな私がたどり着いた、手抜き方法を書いてみたいと思います。
  • カレンダーを活用しよう!

    ここで活用したいのは、カレンダーです。

    私は忘れっぽいタチなので、予定は頭の中だけではなく、目につくところにメモを取らないと心配なので、自然とカレンダーにすべての予定を書き込むようになりました。

    そのうちに、カレンダーには、予定だけではなく、その日にあったことでメモしておきたいことも、書いておくと便利なことに気が付きました。

    リビングにカレンダーをかけておけば、そこにサッと一言書くだけなら、30秒くらいあればできますよね。例えば、「ハイハイした」「つかまり立ちした」とか、「3歩歩いた」など、一言書いておくだけで、あとから見て「この日に初めて歩いたんだ!」とわかるのです。

    これなら、ズボラな私でも、続けることができて、それからはメモを取るのが習慣になりました。
  • 子どもが増えてきたら、「家族の予定カレンダー」がおすすめ!

    メモを活用しているため、毎年カレンダーを選ぶときは、ちょっとこだわって選んでいます。
    子どもが一人のときは、普通のカレンダーで、書き込むスペースが広めのもの。

    そして、子どもが二人以上になったら、家族それぞれの予定が書き込める、「家族の予定カレンダー」というものを愛用しています。
    これは、特に幼稚園や学校に行き始めたら、特に便利なカレンダーです。子どもそれぞれに予定が入ってくると、一つのマスに全部を書いていたら、誰が何の予定だかわからなくなります。その点、これはスペースが個人個人で分かれているので、見やすくてとても便利です。

    もちろん、予定を書くだけでなく、「発熱」とか「予防接種」とか、「学校早退」など、起きた出来事も書いておくと、あとから案外便利なものです。
  • なぜ記録が必要か?

    別に、育児記録をつけたくもないし、メモも必要ないじゃない?と思われる方もいるかと思います。

    しかし、自分は必要でなくても、それを聞かれることが、案外出てくるものなのです。

    まずは、病気や発育状況については、検診に行くと聞かれます。母子手帳にも記入欄はありますが、そんなにマメに記入していませんから、あとから「あれ、いつだっけ?」と考えてもなかなか思い出せません。
    そんなとき、カレンダーを読み返すと、メモがあればすぐにわかります。

    それに加えて、小学校へ行くと、必ず「子どもの時のこと」を聞かれるときが来ます。
    授業の一環らしいのですが、いろいろと細かいことを聞いてきます。子どもが学校で、「1歳の頃のことを聞いてくる」「親にインタビューしてくる」などの宿題を出されてくるのです。

    そんなときにも、これらのメモは役立ちますよ。

みんなへメッセージやアドバイス

育児は24時間待ったなしで、とてもゆっくり日記をつける時間はありませんね。それでも、コツコツと書けるタイプの人はもちろん問題ないのですが、私のような三日坊主タイプの方には、とにかくその場でメモを取る方法がおすすめです。

記録は後からつけることは不可能ですから、書けるときに残しておくのが一番!今では、毎年年末になると、どのカレンダーにしようかな、と選ぶのも楽しみのひとつになっています。

あなたにピッタリの、使いやすいカレンダーで、楽しく記録を残してくださいね。
2

上へもどる