カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. おでかけ >
  4. 可愛くって、そしてけっこうお高い、イチゴ狩りを体験
おでかけ

[3歳]可愛くって、そしてけっこうお高い、イチゴ狩りを体験 [育児の体験談]

201人に読まれました
2016-02-03 13:50
上の子が3歳、下の子が1歳直前というころに、初めてイチゴ狩りに行ってみました。
「イチゴ狩り」。なんて可愛らしい響きなのでしょう。

ぶどう狩り、なし狩り、など、いろいろありますが、実は私は一度もこうした体験に行ったことがありませんでした。楽しそうだなぁとは思うものの、大人だけだとなかなか行くきっかけがなかったのです。そんなに、おなかいっぱい食べてみたい!という果物もありませんでしたし、やはり子供がいないと興味がわかないですよね。

子供ができて、比較的都会に住むようになったので、こうした農業体験のようなことをさせてあげたいなと、なんとなく思っていたところに、お友達からのこの誘いでした。

行きます!と即答して、着いたところは、田んぼや畑のまんなかにぽつんとある、質素なビニールハウス。

あれ?ビニールハウスが3つ??ここ??

私のイメージしていたのはもっとこう、テーマパーク的な、華やかなイメージだったのですが、本当に、農家さんがイチゴを植えているところにお邪魔する、といった感じでした。

中に入るときれいに整列して植えられているイチゴに、それぞれ銘柄が書いてあり、「こちらの端から順番に歩いて食べてください。カップの中にへたを入れてくださいね」との指示。

イチゴ狩りって、こんな感じなんですね。そして3歳から有料。合計で4000円ほど。

お金ではないと思うんですが、これはどうなんだろうと思ってしまったのは私だけでしょうか。期待しすぎたんですかね。

来年からは苗を買って、ベランダで育てても良いかな、と思いました。

楽しかったですけどね。

みんなへメッセージやアドバイス

家の土がある部分に、食べられないイチゴの種を植えてみました。小さな赤い実ができたのを子供たちがうれしそうにおままごとに使っていました。お金使わなくても、そんなので十分ですね。
1

妊娠3歳前後の体験談

上へもどる