カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 食べつわりはこう対処する!体調管理に役立つ食べ物
つわり(悪阻)

[12w]食べつわりはこう対処する!体調管理に役立つ食べ物 [妊娠・出産の体験談]

4961人に読まれました
2016-02-04 10:21
私は、妊娠初期からひどい食べつわりでした。
なにか口に入れていないと吐き気が止まらず、
お腹が空くと胃がキリキリする日々が続き、
体重の増加も気になってストレスが重なりました。

そこで、妊娠初期にも役立つ食べ物をご紹介致します。
  • 我慢もほどほどに

    ①キシリトールガム

    妊娠初期は虫歯になりやすい時期です。
    特に食べつわりの場合、常に口の中に食べ物が入っているので、
    衛生的にも不安が募ります。
    キシリトールのガムが種類が沢山有り、甘味を感じられるものも多くあります。
    フルーツ系のものはお菓子のような感覚で口に入れられますし
    持ち運びにも便利なので電車内で気持ち悪くなった時にもお勧めです。

    ③グミ

    コラーゲンが豊富なグミも、常備していました。
    チャック付きのものや個包装されているものなど場合に応じて使い分けていました。
    カロリーもそこまで高くないですし、飴のように舐めると長持ちします。
    私はグミを冷蔵庫に入れることで、食感が変わるので
    夏場と冬場で保存方法を変えていました。
    また仕事中でも簡単に口に入れられ、音を立てずに食べられるので
    周りの目を気にせず摂取できる食べ物です。

    ③食べるサプリメント

    味のあるサプリメントは、つわり中でも罪悪感なく摂取できます。
    また美味しいので、甘味を感じたい時にとても役立っています。
    一日の摂取量や成分をよく確かめた上で、常備しておくといいかもしれませn。

    ④ゼロカロリーこんにゃくゼリー

    夜に食べつわりが来ると、ガムやグミをいくら口に入れてもお腹にたまらず
    そのまま睡眠不足になってしまう期間もありました。
    そんな時は、お腹が膨れるこんにゃくゼリーを何個か食べると
    食欲が軽減したりしました。
    体重管理にもひびかないので、寝る直前にどうしても食べたい!という時に役立ちます。

みんなへメッセージやアドバイス

妊娠初期の時に私は梅干しを食べ過ぎてむくみが酷くなってしまいました。
糖分ももちろんですが、塩分には十分に注意したほうがいいと思います。
1

妊娠12w前後の体験談

上へもどる