カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 生後3ヶ月 >
  4. 祝100日 ドタバタ記念撮影
生後3ヶ月

[0歳3ヶ月]祝100日 ドタバタ記念撮影 [育児の体験談]

2996人に読まれました
2016-02-08 01:10
 生後三ヶ月を迎えて、百日の記念に写真館で記念撮影をしました。
息子が眠たくならない時間を見計らって、予約し、いざ出発!
一生に一度の記念なので、出来るだけ多くの写真を撮りたい!
かわいい衣装を着せたいという親心?(親のエゴともいいますが…)
で衣装をセレクトしました。
国際結婚の私達は、主人の親族の為にと、日本らしい着物を2種類。
午年生まれの息子の為、馬の着ぐるみ、そして夫婦で気に入った水兵さんの
衣装と4着をセレクト。

他のお子さんは、ニコニコ笑って、順調に撮影していましたので、我が子もきっと
可愛い写真が撮れるだろうと思っていました。
しかし1着目の着物で、ギャン泣き…
慣れない衣装に、初めての場所、たくさんの大人や音に囲まれて怖かったのでしょう。
しかも生まれて初めて、椅子に座らされて、拭き限度MAX…
眠さも重なって、写真撮影どころではありません。
その日は、着物で1ショットだけ撮影して、帰宅。
後日改めての撮影となりました。

そして1週間後に、二度目の撮影。
今度こそはと意気込む、親心を知ってか知らずか、息子はまたしても不機嫌でギャン泣き…
好きなおもちゃや、ぬいぐるみを持たせて、ご機嫌をとりながら撮影し、
今度は何とか、残りの3着を着ての記念撮影を終えました。
しかし撮影できたのは、数枚だけでしたので、選ぶ余地はありませんでした…

それでも泣いていない顔の写真を選んで、アルバムを作ってみると、
親バカですが、「可愛い」と思わずニヤけてしまいました。
ドタバタの撮影でしたが、一生に一度の記念アルバムが出来上がりました。

子供の笑顔の写真を撮るのは、とても難しいと言いますが、
撮影から七ヶ月あまり経った今では、カメラに興味を示すため
シャッターが切れず、別の意味で撮影が難しくなっています。


みんなへメッセージやアドバイス

育児は大変ですが、きっと振り返ればあっという間かもしれません。お子さんの思い出作り楽しんで下さいね
1

生後3ヶ月の人気体験談ランキング

上へもどる