カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 遊び・あやし >
  4. きょうだいゲンカの仲裁に関する、友達の見解
遊び・あやし

[5歳]きょうだいゲンカの仲裁に関する、友達の見解 [育児の体験談]

148人に読まれました
2016-02-08 12:26
きょうだいゲンカが絶えない、という記事を以前書きましたが、ママ友に相談したら、「なるほど」な意見が聞けたので、報告がてら記事にしようと思います。

我が子は1歳10ヶ月違いの兄妹です。
仲良く遊ぶこともありますが、ケンカも絶えず、仲裁でヘトヘトになる事も。
うちの場合は見ていると兄の方が妹に対して、優しさがないな、という印象です。
ついつい、上の子を叱ってしまう事が多く、困っていました。

幼稚園の時から「小さい子には優しくしましょう」と習います。
その通りだと思います。
そういう観点で見ると、やはり、兄を叱らざるを得ません。
妹は悪い事を全くしていないのです。

しかしながら、一方だけを叱り続ける状況というのには、心配があります。
当然ながら上の子は「自分ばかり叱られている」思いを抱くでしょう。
どうしたらいいのか、悩んでいました。

友達に相談しました。
開口一番、こう言われました。
「下の子の意見だね」
え!そうなの!?
びっくりしました。
そう、何を隠そう、私は末っ子次女。
そうか…これは下の子的考え方だったのか…。

相談相手2人は偶然2人とも第一子長女。
2人は口をそろえてこう言いました。
「私も弟妹いじめてたなぁ」
「ある程度はそういうものじゃない?」
そうか…そういうものか…。
何というか…、上の子、下の子、それぞれ生まれついたきょうだい位置には宿命めいたものがあるのだと思いました。
何となく感じていた事ではありますが、明確にそう思いました。

結局のところ、仲裁は臨機応変に対処していくしかない、という事ですが、ある程度は目をつぶってきょうだいで解決してもらおうと思います。
例え、どちらかに不利益が多少生じようとも。
1

妊娠5歳前後の体験談

上へもどる