カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 事故予防・安全 >
  4. つかまり立ちによる転倒、落下に備えて
事故予防・安全

[0歳7ヶ月]つかまり立ちによる転倒、落下に備えて [育児の体験談]

2251人に読まれました
2016-02-09 07:10
先週末2歳になる友人のお子さんの誕生日会に参加してきました。
去年の今頃は息子がお腹の中にいたのにこないだは生まれた息子を連れて行っていることに時の流れを感じました。

ついちょっと前の息子が懐かしくなってアルバムを見返していました。

初めてプレイマットにある垂れ下がったおもちゃを掴んだ日のこと。

初めてうつぶせで頭を持ち上げた日のこと。

初めて寝返りをした日のこと。

初めて寝返り返りした日のこと。

どれも懐かしいです。寝た次の日には何か新しいことができているから本当に子供の成長ってすごいし、あっという間だなと実感しました。

さて、
去年の大晦日におすわりができるようになり、今ではおすわりの姿勢からうつ伏せになり、ズリバイをするようになりました。

さらには、おすわりの姿勢でベッドに座らせておいたらなんと
柵に手をかけて腕の力で体を持ち上げ立ち柵をかじっていたんです!

さらにその柵を越えようとしていたんです!

私がもっと目を離していたらもしかしたら落下していたかもしれない!想像するのと恐ろしくなりました。

今まではおすわりの姿勢が好きでおむつを替えたあとはおすわりの姿勢にして待たせていたのですが、この捕まって立とうとする光景を見てからはそれができなくなり、ベッドから落下するのを恐れて早速その日にベッドの高さを変えました。

マットレスが低くなり抱っこするときにかなり腰をかがめなければいけないのが大変ですが息子の安全面を考えたら仕方ありません。

ちなみに、つかまり立ちとは、赤ちゃんが自分の意志でハイハイをして、目的のところまでいって、そこでお座りの姿勢になってから、何かにつかまって立つことを言うようです。

うちの子はハイハイはまだですが私や旦那が横になるとよじ登りたがったり、今まで行って欲しくないところを授乳まくらでブロックしていたのも登るようになったり、腕の力も足で蹴る力も強くなりハイハイの姿勢に近い四つん這いになろうとします。

まだうつ伏せの状態からおすわりの状態になることができないのでつかまり立ちをしようとする可能性は少ないので目を離した隙に立ち上がって頭を打つということはなさそうなので大丈夫ですが、最近よじ登るということを覚えたので手を伸ばして棚の上のものを取ろうとしてそれが頭に落下することや掴んで誤飲につながらないように手の届きそうなものはさらに高いところへ、または片付けるようにしています。

はいはいをできるだけたくさんした方が、全身の筋肉発達に良い影響を与えるという考えがあるのでうちの息子もたくさんはいはいしてくれるのが楽しみです。
1

事故予防・安全の関連カテゴリ

上へもどる