カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 育児 >
  3. 成長の目安 >
  4. おもちゃをポトンと落とす
成長の目安

[0歳7ヶ月]おもちゃをポトンと落とす [育児の体験談]

2725人に読まれました
2016-02-09 07:38
あと12日で生後8ヶ月になる息子がいます。

最近、おもちゃを右手と左手同時に掴めるようになり、また、おもちゃを上手に振れるようになりました。

おすわりができるようになりハイチェアもお気に入りの場所のひとつです。なので、ハイチェアにすわらせておもちゃをあげるとしばらく遊んでいるのですが、掴んでいると思ったら急に投げたり落としたりし始めます。拾って欲しがるので、おもちゃを拾って渡すと、また投げたり下に落とします。

最初は狭いハイチェアについているテーブルのせいだと思っていたのですがよく見てみるとおもちゃを振ったりして遊んだあと、おもちゃをテーブルの外にだし手を離しています。そして、それをどこへ行ったんだろうと探す仕草がありました。

いままでに見せたことのない行動だったので賢くなってる!と感動してしまいました。

これは専門用語で「物の永続性」を認識し始めている証拠だそうです。

うちの子生後6ヶ月くらいになっていないいないばあしても反応がいまいちだったんです。
それ以外に面白い顔をしたり、面白い音を出すとケラケラ笑ってくれていたのでいないいなばあをしてもキョトンとした顔をして興味を示しませんでした。
それがここ最近になってこの「物の永続性」が認識できるようになってきたようで
私がいなくなると泣く、息子の視界から消えて物影からパッと顔を覗かせるとケタケタ笑う、昼寝をしていて起きたときママの顔が見えなくて泣く、ハイチェアにすわらせておもちゃを渡すと物を落として探すようになりました。

私も旦那も教えたわけではないのに日々の生活や遊びから自然と学んでいるんだと思ったら赤ちゃんって本当にすごいなと感心してしまいました。

ついつい日々の育児に追われて見落としがちな小さな変化も気づいてあげたいです。



赤ちゃんはつかむ動作と同じように、物を手放したり投げる動作を覚えるのです。「落としたらどんな音がするのか」「物を投げたらどうなるのか」赤ちゃんはそんな素朴なことも自分で確かめます。

時にはパパやママを見ながら落とすこともあります。これは気がついてほしいことと、また拾って渡してもらうことで一緒に遊んでいる気分になっています。だからパパやママを困らせたいわけではありません。

床に落としても割れるものや、衝撃に弱いものは持たせないようにしましょう。
1

上へもどる