カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. お金・各種制度 >
  4. 忘れちゃいけない!失業保険手続き
お金・各種制度

[10w]忘れちゃいけない!失業保険手続き [妊娠・出産の体験談]

744人に読まれました
2016-02-09 21:46
 会社やパート勤めを退職すると、雇用保険に加入していた場合は、失業保険を受給することができます。
これは妊娠・出産を機に退職した場合も同様に受給することができます。
しかしこの場合は、通常の失業保険の申請手続きとは異なり、受給期間を延長することができるのは
ご存知でしょうか?

通常は退職した翌日から1年以内に、受給を終えられるように、早期に手続きを行わなければなりません。
でも妊娠・出産を理由に退職した場合は、早期に就職する事は困難であるため、
特例措置として失業保険の受給期間を最大4年先まで延長することができます。
退職した翌日から、30日間が経過した後に居住する地域のハローワークで申請手続きを行います。
この際、母子手帳が必要になりますので、まず区役所で
母子手帳手続きを行ってから、失業保険の延長手続きを行いましょう。

私も妊娠を機に、勤めていたパート先を退職しました。出来れば、妊娠中も勤務したかったのですが、長時間の立ち仕事、荷物の搬送、陳列など、体に負担のかかる業務内容であったこと、そしてその前年に流産していたこと等を考慮して、妊娠が分かってすぐに退職を申し出ました。

退職後、勤務先から送られてきた失業保険の書類、もらったばかりの母子手帳を持って、居住する地域のハローワークで受給期間延長の手続きを行いました。
最大で4年間の延長ということで、私の場合はその4年間を有効活用する予定です。
保育園に入れて、働きたいという気持ちはあるのですが、現在住んでいる政令指定都市の保育園はいずれも難関で、倍率20倍以上は当たり前。入れずに泣く泣く産休・育休明けで退職するママ友がたくさんいます。
私がパート復帰する頃には、保育園・幼稚園事情が改善されているといいのですが…

みんなへメッセージやアドバイス

延長手続きは、手続きできる期間が決められています。妊娠中は悪阻や切迫早産など、いつ何が起こるか分かりません。体調がいい内に、早めの手続きを行いましょう。
1

妊娠10w前後の体験談

上へもどる