カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノート >
  2. 妊娠・出産 >
  3. つわり(悪阻) >
  4. 悪阻の対処方法 胃重感
つわり(悪阻)

[20w]悪阻の対処方法 胃重感 [妊娠・出産の体験談]

868人に読まれました
2016-02-10 00:14
 妊娠が分かって、すぐに辛い吐き悪阻に襲われた私。
毎日襲ってくる、激しい悪阻の為、ほとんど食べ物を口にすることが出来ず
水分もなかなかとる事が出来ませんでした。
 
 お米や麺類は一切食べる事が出来ず、唯一食べられたバターロールを少しずつ
口に運ぶ毎日でした。水分もオレンジジュースと野菜ジュースを、ストローを使って
ほんの少しずつ飲んでいました。

 妊娠6週から始まった悪阻。当初は吐き気だけでしたが、徐々に臭い悪阻も始まり、
炊きたてのご飯の臭いはもちろん、ゴミ箱、そして冷蔵庫を開けただけで、すぐに吐き気に
襲われるようになりました。離れた部屋にいても、主人が冷蔵庫を開けると、すぐに分かる程でした。

 そして妊娠20週目くらいから悩まされたのが、胃重感です。
何も食べていないのに、常に胃の辺りが重たくて重たくて、本当に辛い毎日でした。
朝起きた時点で、既に強い胃重感を感じ、薬を飲む事も出来ませんので、ただただ我慢するほか
ありませんでした。検診の際に、先生に相談しても、「今は我慢するしかないね」と言われるだけ。
そこで何か楽になる方法は無いかと、ネット検索して見つけたのが「カイロ」を使う方法です。
胃の辺りと、胃の後ろ辺りに、カイロをそれぞれ一枚ずつ貼るだけの方法でしたが、これが思ったより
効果がありました。
悪阻がひどい時に、お風呂に入って温まると、少し軽減した経験があったので、きっとそれと同じ位だろうと
思っていたのですが、カイロを張って1時間位立つと、完璧とは行きませんが、胃重感が緩和されたように
胃の辺りが軽く感じられました。
きっと血液の巡りが悪くなっていたのかもしれません。温めたことで、胃の辺りの血液の循環が良くなり、不快症状が緩和されたのだと思っています。

みんなへメッセージやアドバイス

悪阻の乗り切り方は人それぞれ。楽しいマタニティライフを過ごす為にも、悪阻と上手く付き合っていく事が大切です。
1

妊娠20w前後の体験談

上へもどる